忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

晩秋の御崎でスタンプラリーやキャンドルナイト

 2018年11月10日 
「晩秋赤穂御崎めぐり」を企画した御崎地区活性化委員会のみなさん
 国名勝・田淵氏庭園の年一度の一般公開に合わせてスタンプラリーやキャンドルナイトなどを催すイベント「晩秋赤穂御崎めぐり」が11月17日(土)・18日(日)の2日間、御崎の伊和都比売神社周辺で午前9時半〜午後3時半に開かれる。
 瀬戸内を臨むルートを走る無料周回バスも運行。主催者は「風光明媚な晩秋の御崎を楽しんで」と来場を呼び掛けている。
 田淵氏庭園は塩田地主として栄えた田淵家が江戸中期に3代かけて造営した日本庭園。三崎山の傾斜地にバランス良く配置された茶亭と書院、池庭の融合が見事で昭和62年に国名勝に指定された。紅葉の時期の一般公開が恒例となっている。
 今回のイベントは「瀬戸内海国立公園の一角にある御崎の魅力を広めよう」と地元住民有志を中心とする「御崎地区活性化委員会」(田淵新太良会長)が企画。8月から会合を重ねて準備を進めてきた。
 同神社そばの「きらきら坂」で毎月第3日曜日に開いている朝市「御崎マルシェ」を庭園一般公開(入園料1200円、赤穂市立美術工芸館の入館料を含む)がある17日と18日の両日とも開催する。20の店舗や施設が協力するスタンプラリーは集めたスタンプ数に応じて赤穂のカキやみかん、地酒などがもらえるほか、一部の協力店で飲食代や日帰り入浴料の割引など特典付き。17日はキャンドルでライトアップした神社境内で午後6時から9時半までボサノバやジャズなど5組の奉納ライブを上演する(雨天の場合は御崎マルシェ、キャンドルナイト、ライブは中止)。
 会場まではJR播州赤穂駅から路線バスで約20〜25分。車で来場した場合は無料の東御崎展望台駐車場などを利用できる。無料周回バスは同駐車場から30分おきに出発し、同神社や田淵氏庭園に最寄りの停留所にも停車する。問い合わせはTEL25・4134(御崎ガラス舎)。田淵氏庭園一般公開についてはTEL43・8000(赤穂パークホテル)。


掲載紙面(PDF):
2018年11月10日(2300号) 1面 (6,223,942byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中