忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

風土が生んだ美「民芸運動の作家」展

 2018年11月03日 
開館通算10年目記念展として開催中の「民芸運動の作家」
 各地の風土から生まれ、生活に根差した民衆的工芸に美的価値を追い求めた作家たちを紹介する収蔵品展「民芸運動の作家」が尾崎の私設美術館たでのはな美術館で開かれている。
 民芸運動は、1926年(大正15)年に思想家の柳宗悦らによって提唱された生活文化運動。華美な装飾を施した観賞用の作品が主流だった当時の工芸界で、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると主張した。
 今展では、柳とともに運動の中心となった河井寛次郎と濱田庄司の陶器のほか、芹澤★介=★は金に圭=の型絵染、棟方志功の板画、黒田辰秋の漆器など人間国宝6人を含む9人の作品計39点を展示。柳が「モトモトハ裏表ナキ不二ノ山」と書した色紙、柳と親交が深かった英国人陶芸家バーナード・リーチの陶器も並んでいる。
 開館通算10年目記念展として企画され、それぞれの作家の個性を直に感じられる見ごたえのある内容。館主の佐野正幸さん(78)は「その土地で培われたものづくりを吸収して『用の美』に発展させた作家たちの哲学を感じてほしい」と話している。
 11月27日(火)まで午前10時〜午後4時。水曜休館。入館料200円(小学生以下無料)。明神木バス停すぐ。TEL090・3496・4282。


掲載紙面(PDF):
2018年11月3日(2299号) 4面 (10,127,746byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中