忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

観光マップ作製へ高校生が意見交換会

 2018年10月29日 
意見交換会でマップの内容を提案する生徒たち
 生徒たちによる赤穂の観光マップ作製に取り組む赤穂高校(山田潔校長)で、赤穂観光協会を招いた意見交換会がこのほど開かれた。2グループが地図の構想やデザイン案をプレゼンテーション。アドバイスに耳を傾けた。
 同校では今年度、海外の学校とインターネット交流しながら巨大壁画を共同制作する「アートマイルプロジェクト」でインドネシアの高校と交流。相手校へ贈ろうと、「赤穂観光すごろくマップ」の制作に取り組んでいる。また、これとは別に新聞部有志が「若い女性のためのインスタ映えする観光マップ」を考案中だ。
 意見交換会には観光協会の安田哲事務局長(48)が招かれ、「トライやる・ウィーク」活動中の中学生3人も同席した。安田さんは「まずは赤穂が日本のどこにあるのか、という基本情報は入れておくとよいのでは」と助言。その上で、「奇をてらわずに、みなさんが日常生活の中で『いいな』と思ったものを地図にまとめてほしい」と自分自身の感性を大切にするように呼び掛け、「自分の足で稼がないとだめ。赤穂を歩いて、地元の人にもあまり知られていない魅力を見つけて」と話した。
 両グループとも11月中の完成を目指す。「赤穂すごろくマップ」のレイアウトを担当している3年の有元莉香子さん(18)は「アドバイスを取り入れて、楽しめるだけでなく地図としても使えるすごろくに仕上げたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年11月3日(2299号) 3面 (10,127,746byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中