忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

坂越生まれ日本画家・後藤仁氏の特別展開幕

 2018年10月20日 
後藤仁氏=右から3人目=と後藤大秀氏=同2人目=も出席した特別展のオープニングセレモニー
 赤穂出身画家の画業35周年を記念した特別展「後藤仁 日本画・絵本原画」が御崎の赤穂市立美術工芸館・田淵記念館で20日から始まり、テープカットで開幕を祝った。
 11月18日(日)午後1時からは後藤氏が赤穂の思い出や作品制作への思いを語るギャラリートークとサイン会を催す。
 小1の夏まで坂越で生まれ育った後藤仁氏(50)=千葉県松戸市=にとって故郷で初めて開く里帰り展。「アジアの美人画」シリーズをはじめ、代表作25点と手掛けた絵本5作品の原画、千種川風景などを写生したスケッチなどを紹介。また、伯父のからくり人形師、後藤大秀氏(岐阜県伝統文化継承功績者)が大垣まつり(ユネスコ無形文化遺産)のために復元制作した人形3体と能面5点も展示している。
 オープニングセレモニーで後藤氏は「幼少期に赤穂で見た風景や自然が私の感性のベース。作品を描くときも常にふるさとの風景を思い浮かべている」と語り、「この特別展を励みにさらに頑張って良い作品を描いていきたい」とあいさつした。「大垣祭保存会中町布袋会」のみなさんによる、からくり人形実演も披露され、集まった約150人の来場者から大きな拍手が送られた。
 同展は12月17日(月)まで午前9時〜午後5時。火曜休館(10月23日は開館)。入館料300円(小・中学生150円)。TEL42・0520。
 なお、御崎の桃井ミュージアムでも「後藤仁 日本画小品展」を12月17日(月)まで開く。入館無料。午前10時〜午後4時、火曜休館。TEL56・9933。
<前の記事

コメント

赤穂市と大垣市の友好の架け橋となりますように。
投稿:布袋かぐら 2018年10月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中