忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

坂越沖でカキ水揚げ始まる 豊漁期待

 2018年10月18日 
坂越沖で始まったカキの水揚げ作業
 坂越沖で冬の味覚、カキの水揚げが18日から始まった。夏場の酷暑や台風の影響が心配されたが生育状況は良好で豊漁が期待できそうだという。
 市漁協によると、今季は15業者が計154台の養殖いかだを展開。主に広島から仕入れた種ガキを春から育ててきた。台風を避けるために一旦湾内にいかだを引き上げ、再び沖出し。ほとんど被害なく乗り切った。
 初日は夜明け前の午前5時半から上田水産の上田武司社長(51)と従業員の木元圭太さん(34)が第六森丸で出漁。カキが鈴なりになった養殖ロープを船のクレーンで吊り上げて水揚げした。
 海面には気温と海水温の温度差が大きいときに発生する水蒸気が白くたなびき、「これを見たら、カキのシーズンが始まったと感じる」と上田さん。今月24日までにはすべての業者が出漁する予定で、水揚げは来春まで続く。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年10月20日(2297号) 3面 (6,472,966byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中