忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

東櫓台と西中門 発掘で規模や構造明らかに

 2018年10月10日 
崩落した石垣が出土した東櫓台の発掘現場
 上仮屋の国史跡赤穂城跡二之丸で復元整備に伴う発掘調査を実施中の赤穂市教委は10日、東櫓台と西中門跡の調査成果を報道向けに発表した。
 これまで不明だった櫓台と城門の規模や構造、位置などが解明できたことで「今後の修理、整備を行う上での基礎資料となる」といい、10月13日(土)に一般向けの現地説明会を開く。
 市教委によると、東櫓台は明治から大正にかけて櫓の裏手一帯を畑地にしようと土塁が削られたことで石垣が崩壊。その後、土砂が堆積して形状や大きさがわからなくなっていた。二之丸庭園の西端にあたる西中門跡は平成6年と12年に一部区域の発掘調査を行ったが、全体像を把握したことはなかった。
 今年3月以降、合計350平方メートルで発掘調査した結果、東櫓台の石垣に使われた60センチ角程度の花崗岩や西中門の控え柱を支えた礎石などが出土。その結果、東櫓台の大きさ(東西約6・1メートル、南北約7・9メートル)が絵図に書かれている寸法と一致することや、西中門の構造が格式の高い高麗門で海側からの攻撃に備えて目隠しの土手が築かれていたことなどがわかった。西中門はこれまで二之丸庭園の裏門として位置付ける見方もあったが、「城郭南側の守りの要として築かれたものとみて間違いない」(市教委)と特定できた。
 発掘調査を担当した市教委文化財係の荒木幸治係長(41)は「藩の米蔵と船入の周辺を監視するための拠点だった東櫓台の形状を記録に残すことができた。西中門から二之丸外堀に架けられていた土橋の構造も明らかになり、江戸時代の周辺の景観がほぼ判明したことも大きな成果」と話している。
 13日の現地説明会は午後1時までに赤穂城跡本丸門前に集合。東櫓台、西中門跡の順に行う。小雨決行。当日は市立歴史博物館駐車場と塩屋門前駐車場を利用できる。TEL43・6962。


掲載紙面(PDF):
2018年10月13日(2296号) 1面 (9,618,158byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中