忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《市長選2019》新人・牟礼氏「新しい赤穂市へ」

 2018年10月01日 
市長選への出馬会見で政策ビジョンを語る牟礼正稔氏
 任期満了に伴う来年1月の赤穂市長選(13日告示、20日投開票)へ向け、元兵庫県職員の牟礼正稔氏(64)=坂越=が1日、前回市長選に続いて無所属での立候補を正式表明。
 加里屋の赤穂市役所で記者会見を開き、「お年寄りと若い世代がともに生き生きと暮らせる赤穂市へ」とビジョンを語った。
 牟礼氏は坂越生まれで赤穂高、大阪大学法学部を卒業し、昭和53年に県入庁。県土企画局総務課建設業室長、県道路公社播但連絡道路管理事務所長などを歴任した。3人が争った前回市長選は203票差で次点。平成28年5月から今年5月まで県空調衛生工業協会の専務理事を務めた。
 会見で牟礼氏は「多くの市民から『赤穂市を変えてほしい』『新しい赤穂市を作って』との声をもらい、市長選への立候補を決意した」と出馬動機を語り、「赤穂市の閉塞感を打ち破りたい。ふるさと赤穂に恩返しがしたい」と抱負を述べた。
 市政の現状について、「人口減少社会の中、政策転換を図る時期にきている」とし、▽土地利用計画の見直し▽高取峠を含む国道2号へのアクセス充実▽市民病院の産科再開、保育料減額による子育て支援―などを重点課題に挙げた。
 4年前の市長選で公約に掲げた「学校給食無料化」は「エアコン設置、ブロック塀改修を優先すべきで、今後実現性を探っていきたい」とし、産業廃棄物最終処分場問題については「作る場所が問題。ふさわしくない場所については反対していく」との考えを示した。
 同市長選には、現職の明石元秀氏(67)=加里屋=が先月20日、再選を目指して立候補することを表明した。


掲載紙面(PDF):
2018年10月6日(2295号) 1面 (9,531,415byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中