忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《市長選2019》現職の明石元秀氏が再選出馬表明

 2018年09月20日 
再選を目指して赤穂市長選への立候補を表明した現職の明石元秀氏
 任期満了に伴う来年1月の赤穂市長選(13日告示、20日投開票)へ向け、現職の明石元秀氏(67)=加里屋=は20日、再選を目指して立候補することを表明した。
 陣営によると、無所属で出馬し、政党の推薦は自民、公明、国民、維新の4党に求めるという。
 明石氏は同日の定例会一般質問の答弁で市長就任後の3年8カ月間について、「愛するふるさと赤穂の発展のため、全力で取り組んできた。ある程度ではあるが、成果をあげることができた」と主張。「まだまだ不十分であることは十分認識している」とした上で、「『高齢者にも子どもにもやさしいまち赤穂』の実現のため、再度立候補することを決意した」と述べた。
 同日の記者会見では、「健康、福祉を軸に施策を展開していきたい」と抱負を語り、▽子育て支援施策の拡充▽コミュニティバスの増便など生活利便性の向上▽災害に強いまちづくり−を重点テーマに挙げた。
 明石氏は加里屋生まれで桃山学院大学経済学部卒。昭和48年に赤穂市入庁して企画部長、教育次長、安全管理監などを務めた。豆田正明前市長の退任を受け、副市長を辞職して前回の市長選に出馬し、初当選した。
 同市長選には元兵庫県職員で新人の牟礼正稔氏(64)=坂越=が前回に続いて出馬の意思を固めており、選挙戦が確実視されている。


掲載紙面(PDF):
2018年9月22日(2294号) 1面 (3,957,458byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中