忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

医療や介護などテーマ「女性の会」

 2018年09月08日 
少子高齢社会をよりよくしたいと話し合う「高齢社会をよくする女性の会赤穂」のみなさん
 少子高齢化が進んだ中、男女共同参画の視点でよりよい社会づくりを目指そうと、福祉に関心の高い市民有志が「高齢社会をよくする女性の会赤穂」を結成。会員らが月1回集まって情報交換や研修に取り組んでいる。
 全国組織のNPO法人「高齢社会をよくする女性の会」(樋口恵子理事長)に賛同するグループとして兵庫県内では初めて今年6月に発足した。これまでに同法人が実施した高齢者服薬調査に協力し、多剤大量処方の問題点を指摘。今後も認知症や介護、育児などをテーマに調査研究を続け、研修会や講演会を開催して学習と問題提起の場とするほか、「福祉マップ」づくりといった地域活動も推進していく考えだ。
 現在の会員は、いずれも市内在住の50〜70代の女性7人。「いきいきサロン」を運営しているボランティアや元民生委員など、さまざまな形で地域福祉に関わってきた人たちだ。代表に就任したのは長年市社会福祉協議会に勤務した社会福祉士の岩崎文子さん(62)=正保橋町=。「横のつながりを作って、知恵を出し合える会にしたい」と意気込む。
 毎月第1日曜日の午前に集会所や喫茶店などに集まり、情報交換や研修を行う。入会金1000円、年会費2000円で年齢や居住地を問わず、男性も入会できる。岩崎代表は「興味がある方は、まずは気軽に見学してもらえれば」と呼び掛けている。問い合わせは岩崎代表TEL45・3303。


掲載紙面(PDF):
2018年9月8日(2292号) 1面 (6,055,570byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←隣の芝生(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←なんだかねぇ(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←時系列は?(09/22)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中