忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《御崎メガソーラー》今月10日に工事再開へ

 2018年09月04日 
工事再開を前に開かれた御崎メガソーラー発電所の工事説明会
 計画の見直しなどで工事が中断していた御崎メガソーラー発電所建設の工事再開を前に、地元住民を対象にした工事説明会が3日、朝日町の御崎公民館であり、事業者が雨水排水計画や工程などを説明した。
 同計画を巡っては、前事業者による無許可の切り土が発覚するなどして工事が中断。前事業者と県の協議で「0・9ヘクタール」となっていた開発面積が実際は兵庫県総合治水条例の適用対象となる1ヘクタールを超えていることも判明し、事業を継承した九電工を核とする特別目的会社(SPC)が計画見直しを県と協議していた。
 説明資料などによると、事業面積約4万7400平方メートルのおよそ3分の2にあたる約3万平方メートルを造成し、最大7020枚の太陽光パネルを設置する。雨水は総延長約1キロメートルのコンクリート製U字溝で集水し、沈砂池や泥溜め枡を中継して海へ放流。「土砂災害警戒区域」に隣接する建設予定地西寄りの急斜面には雨水を地下に染み込ませる「浸透側溝」を整備して治水を図り、浸透しきれない水は側溝の端から排水させるという。
 説明会には住民約80人が参加した。土砂災害の危険性を懸念する住民の質問に対し、事業者側は「県の基準に基づき、『30年に一度の大雨』に対応できるように設計している。県も了解している」などと説明。施設の維持管理については「九電工が月次点検と年次点検を行う。大雨や地震の後は委託業者が見回る」とし、発電設備だけでなく排水施設についても保守することを約束した。
 今月10日にも着工し、来年3月末の工事完了を予定。説明会に参加した住民男性は「心配がまったくなくなったということはないが、以前の計画に比べると安全面への配慮がされていると思う。事業者には信頼を裏切らないように取り組んでほしい」と話した。


掲載紙面(PDF):
2018年9月8日(2292号) 1面 (6,055,570byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←隣の芝生(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←なんだかねぇ(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←時系列は?(09/22)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中