忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「産廃処分場建設反対」署名数5年前超える

 2018年08月06日 
県へ提出された産廃処分場建設反対署名
 「産業廃棄物最終処分場建設反対赤穂市民の会」(会長=沖知道・赤穂市自治会連合会長)は6日、産廃最終処分場建設計画に反対の意思を示す署名2万7701筆を県へ提出。平成25年に市自治会連合会が集めた署名数(2万6895筆)を上回った。
 署名は産廃処分場設置の許可権を持つ井戸敏三・兵庫県知事に対し、許可を与えないように要望する内容。「われわれ市民の意思をしっかり示す必要がある」(沖会長)との考えで今年6月中旬から自治会のネットワークを主に協力を呼び掛けた。
 この日は同会役員9人が訪庁。沖会長は署名提出に際し、「集中豪雨などの大規模災害で産廃処分場から危険物質が流出する恐れがある。自分たちの生活を脅かす処分場を認可しないようにお願いしたい。市民の願いを聞き届けてほしい」と訴えた。明石元秀市長も同席し、「署名を十分尊重していただきたい」と口添えした。
 署名を受け取った東元良宏・西播磨県民局長は「2万7701筆の反対署名が集まったという事実は認識した」と受け止めつつ、「われわれは法律に基づいて判断する立場」「法律の基準に則っているものであれば建設できる」といった応答を繰り返した。「もし、何か問題が発生した場合は誰が責任を取るのか」との役員からの質問に対しては、「例えば、施設が破損して有害物質が流出したとして、施設が法律の基準に基づいて建設されたものであるならば、どこも責任を問われるところはない」と答えた。
 提出後に取材に応じた沖会長は「なかなか難しいと感じた。これからも産廃処分場のリスクを訴えていくしかない」と語った。


掲載紙面(PDF):
2018年8月11日(2289号) 1面 (11,343,979byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

もしもできてしまうようなら、地元との協定書に『市民による事前通告なしの立ち入り検査(搬入物の採取・排水の採取)』の項目をいれて頻繁に通告なしの立ち入り検査を実施すればよい。
投稿:不定期立ち入り 2018年08月25日
↑それ以前に処理施設の存在自体が必要ないのでは。。
投稿:しおしお 2018年08月26日
指定区域 不法侵入違反 及び うんだかすんだかって言うんだろうね。
投稿:ン 2018年08月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • お盆を前に消防殉職者慰霊碑清掃←報酬問題(10/15)
  • 《御崎メガソーラー》今月10日に工事再開へ←逃げ得(10/15)
  • 赤穂出身俳優の川崎健太さん 日テレ系ドラマに←赤穂のミーハーおばさん(10/14)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中