忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

忠臣蔵浮世絵2000点をネット公開

 2018年07月30日 
運用開始した「赤穂市『忠臣蔵』浮世絵データベース」に収録されている作品の一部ついて説明する赤間亮教授(右)と小野真一課長
 赤穂市が所有・所管する忠臣蔵浮世絵約2000点の高精細デジタル画像と作品データをインターネット上で検索・閲覧できる「赤穂市『忠臣蔵』浮世絵データベース」の運用が28日から始まった。
 浮世絵のデータベース化に先駆的に取り組んできた立命館大学アート・リサーチセンターと共同で4年がかりで構築。担当した同大学文学部の赤間亮教授(57)=日本文化史=は「忠臣蔵をテーマにした浮世絵データベースとしては数と品質を総合すれば世界最高水準」と価値を語る。
 市は平成27年11月に同センターと学術交流協定を締結。赤穂市立歴史博物館と市教委市史編さん室、赤穂義士会が所有・所管する全作品を一点ずつデジタル撮影し、作品名と作者、制作年月などのデータ入力を進めた。江戸から明治にかけての浮世絵を中心に大正期の石版画、昭和の肉筆画まで、平成27年度末時点で同市が所有・所管するすべての作品を収録した。
 高精細画像のため、「人物の毛髪のような繊細な描写や作品内に書かれた文字も鮮明に見ることができる」(赤間氏)という。大英博物館も採用している同センターのクラウド型データベースシステムを活用。他の所蔵機関の作品データを組み込むことで、「世界的なデータベースに進化する可能性がある。多様な忠臣蔵浮世絵にさまざまな角度から焦点を当てた『ウェブ展覧会』の開催も可能だ」(同氏)と夢を広げる。
 今後も5年ほどの間隔で新たに収蔵した作品をデータベースに追加していく予定。市教委市史編さん担当の小野真一課長(56)は「専門家だけでなく、一般の方にも楽しんでもらえるのでは。忠臣蔵文化の普及と赤穂市のPRにもつながる」と期待を話した。
 「赤穂市『忠臣蔵』浮世絵データベース」は赤穂市のホームページからもリンクしている。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺