忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

次世代へ託す「ふるさと讃歌」

 2018年07月28日 
作曲者の古瀬徳雄氏(右)と榊努理事長から楽譜を受贈した萬代新一郎会長と篠原昌三副会長
 歴史文化振興を中心に地域活性化を目指す市民団体「一般社団法人ふる里創生機構」(榊努理事長)は、故郷のすばらしさを次世代に引き継いでいく願いを込めた創作曲「わがふるさと赤穂の子たちへ」を制作。25日、赤穂市文化協会へ楽譜を贈呈した。
 歌詞は「子たちはすくすく育ってほしい」で始まり、自然豊かな赤穂の風土や地域の発展を表現。元禄赤穂事件の顛末を描き、「わがふるさとはここにある」と故郷への讃頌で締めくくられている。花岳寺前住職で駒澤大学名誉教授の片山一良氏(75)が作詞。元々は赤穂や元禄赤穂事件への自身の考えをつづって同寺の役員らに配布したもので、曲をつけることを想定したものではなかったが、同寺の護持保存会会長でもある榊理事長が「ふるさとへの愛着や誇りがあふれている詩文で、ぜひ歌にしたい」と片山氏の了解を得た上で今年4月、関西福祉大学名誉教授の古瀬徳雄氏(69)=尼崎市=に作曲を依頼した。
 大阪フィルハーモニー交響楽団で12年間、チェロ奏者を務め、同大学の学歌と学生歌を作曲するなど音楽への造詣が深い古瀬氏は「子どもたちへ伝えたい、という作詞者のメッセージが明確で共感できた」と依頼を快諾。片山氏が作った詞を一字一句変えることなく原文のまま曲をつけた。
 楽譜の贈呈は中広の市文化会館ハーモニーホールで行われ、榊理事長から市文化協会の萬代新一郎会長へ手渡された。古瀬氏も同席し、「曲の出だしはヘ長調で、赤穂に吹いている風をイメージした。終盤はみんなで元気に歌えるようにマーチ風」などと作曲の意図を説明。「四十七士への鎮魂」として曲の終わりに4分休符を7つ連ねて数秒間の無音を作った。
 「『ふるさと讃歌』として市民の誰もが歌いやすいメロディ、平易な旋律を心掛けた」と古瀬氏。榊理事長は「解説を聞いただけでも、とてもすばらしい曲が完成したと感じた。早く聴いてみたい」と期待を述べ、萬代会長は「なるべく早く市民のみなさんに披露する機会を設けたい」と話した。
 曲が完成したことを受けて片山氏は「歌に込めた思いを子どもたちに受け継いでもらえればありがたい」とコメントした。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年7月28日(2287号) 1面 (9,249,118byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「国内最高技術の石積み」赤穂城の櫓台←赤穂大好きっ子(01/23)
  • 「国内最高技術の石積み」赤穂城の櫓台←ひかり(01/20)
  • 「鶏肉のレモン漬けたれ」全国デビュー決定←赤穂大好きっ子(01/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中