忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

市管理ブロック塀 33施設で基準不適合

 2018年06月30日 
 大阪北部地震で倒れた学校ブロック塀に児童がはさまれて死亡した事故が受け、赤穂市は市管理施設に設置しているブロック塀の緊急点検を実施。
 28日までに点検結果を取りまとめ、現行の建築基準法が定める基準に適合しない塀が33施設で確認された。うち3施設は小・中学校だった。市は「撤去あるいは改修といった何らかの対応を早急に取りたい」と話している。
 市危機管理担当によると、点検は市が管理するすべての施設424カ所を対象に今月22日から26日にかけて行った。建築基準法はブロック塀の構造について、▽高さ2・2メートル以下▽厚さ15センチ以上(高さ2メートル以下の塀は10センチ以上)▽高さ1・2メートルを超える場合、長さ3・4メートル以下ごとに控え壁を設置―などの基準を定めており、こうした基準に違反しているものがないか目視で調べた。
 その結果、コンクリートブロックを積み上げた塀がある施設は70施設あり、▽控え壁の間隔が基準よりも広い(7施設)▽控え壁が設置されていない(26施設)が判明した。市は基準に適合しない塀がある理由について、「昭和56年の基準改正以前に作られた塀がそのままの構造で残っていたケースが多いのではないか」と推測。また、ボールを当てて遊ぶための壁や公衆トイレの目隠し壁など「塀ではないとの理由で基準を適用せずに作った可能性もある」と話している。
 市は基準不適合が判明した壁に人が近づかないようにバリケードや看板、張り紙を設置するよう各所管に指示。今後、現地を詳しく調べて撤去あるいは改修などの対応を検討する。市は「現時点では施設名の公表は差し控える」(危機管理担当)としている。


掲載紙面(PDF):
2018年6月30日(2283号) 1面 (8,925,467byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

犠牲者が出る前に塀を補強しないと余計にお金が掛かりますよ!!
投稿:ゴリラッパー 2018年07月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←隣の芝生(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←なんだかねぇ(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←時系列は?(09/22)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中