忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「感じて伝えて」プロが吹奏楽指導

 2018年06月24日 
山形交響楽団の団員から演奏技術を教わる中学生
 交響楽団員が中学生に演奏技術を教えるワークショップ「プロから学ぼう みんなの吹奏楽教室」が24日、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールであり、生徒約65人が参加した。
 前日に同ホールでコンサートを開いた山形交響楽団の首席トランペット奏者、井上直樹さん(49)ら5人を講師に迎え、赤穂ロータリークラブ(杉山匡行会長)が主催。赤穂中と赤穂西中の2校から吹奏楽部員が参加した。
 講師らはホルン、トロンボーンなど担当する楽器ごとにパート指導。実際に手本を見せながら「メロディラインに寄り添うように」「台詞を話すような気持ちで演奏しよう」などとアドバイスし、生徒たちの演奏を引き出した。「息をしっかり吸って、力まずに音を出してみたら」と助言されたというクラリネットの金礪真由さん(14)=赤穂西3年=は「今までよりも楽に吹けるようになりました」と笑顔で話した。
 ワークショップ後、両校は練習した課題曲を順番に発表。「短い時間でしたが、すぐに吸収してくれて音が良くなったですね」と井上さん。「自分の頭にある情景を音で人に伝えるのが音楽。『感じて伝える』ということを第一に楽しく練習してほしい」と話した。


掲載紙面(PDF):
2018年6月30日(2283号) 3面 (8,925,467byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

先般、来穂し見事な演奏を聴かせてくれた岡山学芸館高校吹奏楽部を目指して赤穂から全国区の常連をになれるよう頑張ってほしいものです。余談ですが私が高校生だった頃は赤高にいい先生がいたことを思い出します。
投稿:東條正輝 2018年06月29日
同感ですがスポット的な開催でなく継続してみたら如何でしょうか。
投稿:文化都市を目指して 2018年07月01日
大阪の淀川工科高校などは、吹奏楽で全国に知られた学校ですが、指導者・丸谷明夫などを育て、楽譜も読めないし、楽器に触ったこともない子どもたちをたった半年でコンクールに出して優勝させたのは西宮市立今津中学校の熱血教師・故 得津武史。指導者の情熱と生徒のやる気・本気が一番。まず、県大会を目指して西播大会金賞。
投稿:赤高・西播大会金賞目指してください 2018年07月01日
個人的感想です。
カリスマ指導者は、発する音、発する言葉が美しい。
迷いがないからストレートに生徒の心を打つ。
感じ、伝えたいことがたくさんあるから怒ってないけど情熱的。
明朗さと厳しさが自然と滲み出ている。
それら様々な要素に裏付けされたカリスマ性。
故にカリスマ指導者の30分のレッスンは、引率者的指導者の30時間のレッスンにも勝るものである。
プロフェッショナルとはそんなものです。
投稿:ハーモニーホールの妖怪 2018年07月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中