忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

正しい知識で安全安心な食品選ぼう

 2018年06月22日 
食品表示の見方について語る冨永昌良氏
 安全で安心な食品の選び方をテーマにしたセミナー「本物の食 勉強会」が20日、塩屋のスーパー「旬鮮食彩館パオーネ塩屋店」であり、食品表示の見方について専門家が講演した。
 国産原料使用と無添加がモットーのメーカーと生産者などでつくる「こだわりの味協同組合」(静岡市)の冨永昌良代表理事を講師に招いた。
 講演で冨永氏は、牛乳や鶏卵、チーズなど日常の食卓で使われる食品について生産や製造過程を紹介。そこに潜む危険性を詳しく解説した。上白糖を製造するために20種類の添加物が使われていることや、ハムの発色剤に使用される亜硝酸ナトリウムに発がん性のリスクがあることなどを取り上げた。
 また、原材料に遺伝子組み換え大豆が混じった豆腐や納豆であっても混入率が5%以下であれば「遺伝子組み換えでない」と表示できる点や、柑橘類の海外輸入を促進するために防かび剤の使用基準が緩和されたことなど、日本の法制度の甘さも指摘した。
 現在の日本の食品表示制度について「消費者のためではなく、『消費者をだますため』のものになっている」と冨永氏。「品質や安全性よりも見た目や食感を優先する現状だが、正しい知識を知ることで消費者も少しずつ意識を変えていって」と呼び掛けた。
 勉強会には主婦を中心に36人が参加。ユーモアを交えながら歯に衣着せず語る冨永氏の話に熱心に耳を傾けた。2児の母という備前市の女性(33)は「買い物するときの選ぶ基準がわかってためになりました」。
 同店では社員とスタッフの商品知識向上を目的に昨年4月から勉強会を企画。一般にも無料公開し、今回で8回目だった。磯野幸則店長は「これからもお客様と一緒に勉強していきたい」と話している。次回の勉強会は8月22日(水)に開催予定。TEL42・0503。
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←隣の芝生(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←なんだかねぇ(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←時系列は?(09/22)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中