忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

忠臣蔵扇子 新柄「九段目」を発売

 2018年06月02日 
加古川本蔵を描いたオリジナル扇子「忠臣蔵九段目」
 赤穂市立歴史博物館(長谷川隆彦館長)は、仮名手本忠臣蔵の名場面を絵柄にしたオリジナル扇子の新作「忠臣蔵九段目(山科閑居の場)」をこのほど発売した。
 オリジナルミュージアムグッズとして平成20年度から毎年一つずつ新柄を発売してお11作目。五代目・市川団十郎演じる加古川本蔵を浮世絵師・勝川春章(1726―92)が描いた錦絵を図案にした。
 仮名手本忠臣蔵で加古川本蔵は、殿中で高師直に斬りかかった塩冶判官を後ろから抱き留め、大星由良之助を討ち入りへ向かわせることとなる。九段目では、由良之助の嫡男力弥と自分の娘小浪の祝言を実現させるため、わざと力弥の槍に突かれる。「忠義ならでは捨てぬ命、子ゆえに捨つる親心」と言い残し、師直の屋敷図を由良之助に渡して死ぬ場面は悲劇と親子愛の見せ場として人気が高い。
 絵柄に採用した錦絵は虚無僧姿で現れた本蔵の全身像。への字に結んだ口元に本蔵の覚悟がうかがえる。「一流の役者を一流の絵師が描き、構図も申し分ない」(木曽こころ学芸員)と選んだという。解説書付きで1200円(400本限定)。同館(TEL43・4600)のほか赤穂市観光情報センター、赤穂情報物産館などで販売している。


掲載紙面(PDF):
2018年6月2日(2280号) 4面 (11,449,579byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中