忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

詩とエッセイ「卆寿のひとりごと」

 2018年05月18日 
「卆寿のひとりごと」展を開いている前田かず子さん
 卒寿を過ぎた女性が日常生活の中でつづった詩やエッセイを紹介する「前田かず子 卆寿のひとりごと」展が坂越のギャラリー喫茶「高瀬舟」で開かれている。心に浮かんだことを素直に表現した作品が読んだ人の気持ちを和ませている。
 作者の前田かず子さん(91)=坂越=は40代のころ姫路の文集サークルに所属。身の回りや世の中の出来事について感じたことを散文詩や短文に書くことをライフワークとしている。平成25年に文集展を開いて以来となる今展では、これまでに書きためた1000篇を超える作品の中から、前田さんをよく知る友人が12篇を選び出して大判和紙や色紙に毛筆して展示した。
 「坪庭を優しく包む格子戸の/上を流れる白い雲/どこ迄流れて行くのかな/尋ねるほうがやぼかいな」
 「一寸待ってよおばあちゃん/ほころびなんて言わんといて/これが若者のファッションだから」
 「目が覚めりゃ右に左にゆっくりと/ころころ体が起きるまで/しばらく待って立上ろうかな」
 最近は「老い」をテーマに書くことが増えた。とはいえ、テレビを見ていて知らない言葉を耳にすれば、「今のどういう意味?」と家族に尋ねるなど知的好奇心は旺盛という。前田さんは「書くことが好き。行き当たりばったりで書いているだけ」と微笑む。
 5月31日(木)まで午前10時〜午後4時。金土日は休み。TEL48・7122。


掲載紙面(PDF):
2018年5月19日(2278号) 1面 (4,422,374byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • お盆を前に消防殉職者慰霊碑清掃←報酬問題(10/15)
  • 《御崎メガソーラー》今月10日に工事再開へ←逃げ得(10/15)
  • 赤穂出身俳優の川崎健太さん 日テレ系ドラマに←赤穂のミーハーおばさん(10/14)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中