忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

千種川の水生生物 平均種類数が3年連続減

 2018年05月15日 
 千種川の水質と生物多様性を調べるために流域のライオンズクラブ(LC)が合同で年1回実施している水生生物調査の平成29年調査結果がこのほどまとまり、調査地点52カ所で採集した水生生物の1カ所当たりの平均個体数は80・2匹で2年続けて増加したものの、平均種類数は8・8種類で3年連続の減少となった。
 調査は昨年8月下旬から9月下旬にかけてLC会員と流域の小中高校生ら延べ364人が参加して行われた。調査地点1カ所当たりの平均個体数は前年の74・7匹から増加。平均種類数は前年の8・9種類から微減した。
 調査結果を考察した「千種川圏域清流づくり委員会」の横山正さんは「河川改修後に減少した生物が次第に増加してきたことを示す一方、川の豊かさが失われている」とし、「水生昆虫の種類や数が減れば、それを餌とする魚類や、さらにそれを捕食する鳥類やほ乳類にも影響が出る」と懸念する。
 採集した水生生物による水質判定では4地点が改善された一方、6地点で悪化した。横山さんは「今後も続く傾向になるのか、それとも悪条件が重なったことによる一時的なものか、今後の調査を継続して追跡し、原因を探ることが大切」としている。
 詳しい調査結果はライオンズクラブが刊行した調査報告書『千種川の生態 第45集』にまとめられている。


掲載紙面(PDF):
2018年6月16日(2281号) 3面 (9,289,565byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

一番の要点をピックアップくださいました!
美しい川で、かつ、豊かな川でないとね!
投稿:横山正 2018年05月15日
よく続いてますね。昔、室井先生と高雄の橋のところで、採集したのを思い出しました。ライオンズの人に、ジュースもらいましたわ。
投稿:高雄小卒 2018年05月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中