忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

ナイフ一本 模様細工の美

 2018年05月12日 
ナイフ一本で彫刻したカービング作品と高見満利加さん
 小さなナイフで石けんやキャンドルに模様細工を彫ったカービングアート展が上郡町上郡のギャラリー「ひがし蔵」で開かれている。
 浜市のタイカービング講師、高見満利加さんが約100点を出品。花や鳳凰などを緻密に彫り込んだ作品が来場者の目を楽しませている。入場無料。
 タイカービングは、もともとタイの宮廷で王様に捧げる食事の果物や野菜を美しく飾りたてたフルーツ・ベジタブルカービングから始まったとされ、その起源は約700年前とも言われる。その後、より繊細な模様を施しやすい石けんを彫るソープカービングが派生して芸術性が高まり、近年はろうそくを素材とするキャンドルカービングも生まれた。インテリアとして日本でも人気が高まっている。
 高見さんは10年前から趣味で始め、6年前に本場・タイで一流作家の教えを受けて腕を磨いた。自宅などで教室を開き、これまでに教えた人数は延べ1500人。「カービングの魅力をもっと多くの人に知ってほしい」との思いから今回の個展を催した。
 中をくり抜いた石けんに透かし彫りを施したレリーフ、バラをかたどったカービングで文字盤の回りを装飾した掛け時計、クリスマスケーキに見立てたアレンジ作品など多彩。表面を彫刻した球体のろうそく内部にLED照明を仕込んだキャンドルカービングランタンは高見さんが考案。中からの光によって彫刻の模様が幻想的に浮き上がる。
 頭の中に描いたイメージを下絵なしでカットして作品を作り上げるという高見さん。常に新しいデザインになるように心掛けている。「ナイフ一本で美の世界を展開するのがカービングの魅力。細部まで見てもらえたらうれしいです」と話している。
 5月19日(土)まで午前10時〜午後4時(最終日は2時まで)。月火休み。TEL52・6502。


掲載紙面(PDF):
2018年5月12日(2277号) 4面 (11,357,483byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中