忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

市消防操法大会 第1分団が連覇

 2018年04月23日 
2度目の優勝を連覇で飾った第1分団
 消防分団がポンプ車操作の技量を競う平成30年度赤穂市消防操法大会が22日、加里屋の市防災センターであり、第1分団(萩原俊宏分団長)が2大会連続2度目の優勝を飾った。
 ほぼ隔年で開催している大会で市内15分団のうち14分団が出場した。1チーム5人で車両から70メートル先の火点近くまでホースをつなぎ、炎に見立てた的へ向けて放水する競技。団員たちは指揮者の号令で機敏に動き、操作の迅速性や正確性などを競った。
 優勝と準優勝の分団は西播磨地区大会(6月24日、兵庫県広域防災センター)に赤穂市代表として出場する。第1分団の指揮者の田中優真さん(33)は「チーム一丸で連覇できうれしい。地域の皆さんの期待に応えられるよう、西播大会も頑張ります」と喜びと抱負を語った。
 3位までの結果は次のとおり。敬称略。
 ▽優勝=第1分団(萩原俊宏分団長、田中優真、篠原拓馬、山崎圭介、萩原北斗、阪田雅也、山本高司)
 ▽準優勝=第6分団(粟井俊明分団長、中本光哉、葛島享昌、宍戸裕紀、牧佳彦、四井良、内藤博樹)
 ▽3位=第7分団(川崎修一分団長、白井克政、二六哲也、徳尾潤、土遠剛史、杉本尚英、富田敏夫)


掲載紙面(PDF):
2018年4月28日(2276号) 4面 (6,673,243byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

赤穂民報さん
準優勝の分団が抜けてますよ。
投稿:あらあら 2018年04月23日
 あらあら。申し訳ありませんでした。追記しました。
投稿:赤穂民報 2018年04月23日
今朝の新聞に載っていた神戸の件。赤穂も同じちがうん?出動手当って本人の手に届いてる?いろいろ過去のコメント欄読んでみたら昔から飲酒については言われてるやん。酒気帯び運転報道があっても翌週には飲み会を開く分団笑。消防団の役員さん、そろそろ改革してくれんと懸命に頑張ってくれてる子がかわいそうやで。飲めへんのに飲み会参加させられて運転手させられてるで。
投稿:神戸新聞 2018年04月25日
こうして頑張ってくれてる子達が、悪しき慣習に足を引っ張られないよう、背負ってくれる赤穂市消防団の看板がクリーンになるよう願ってます。
投稿:⬆ 2018年04月25日
詰所ではもう呑ませないのかな?
投稿:下戸 2018年04月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中