忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

放置艇対策で係留施設整備へ

 2018年04月21日 
放置艇解消へ向けて係留施設を整備することになった元禄橋周辺水域
 兵庫県と赤穂市が進めるプレジャーボートの放置艇対策で、赤穂市漁協が御崎地区の元禄橋周辺に有料係留施設を整備する。
 すでに県と市が放置艇の所有者に説明会を実施。今年6月にも着工し、9月から一部供用を開始する予定で、今年度中の「放置艇ゼロ」を目指す。
 県は防災や景観形成などの面で問題があるとして、平成13年度から県下の放置艇対策を進めてきた。赤穂市内ではこれまでに千鳥、上仮屋にボートパークや係留施設を整備。赤穂市も坂越に係留施設を設け、未整備の元禄橋周辺に昨年度時点で約220隻の放置艇が残る状態となっていた。
 一帯は元禄橋の北側が市、南側が県の管理水域となっている。計画では一帯を漁協が水域占用し、最大223隻分の係留区画を整備。ボートをつなぐための係船環やアンカーなどを設置できるよう県が護岸の一部を工事する。市条例による公有水路使用制限と港湾法に基づく禁止区域指定をかけ、許可のない係留を禁止する。
 県管理区域は6月着工、9月供用開始、市管理区域は11月着工、12月供用開始を予定している。使用料は月額3800円〜3900円を予定。県と市はこれまでに2度の説明会を開き、工事に向けて放置艇を移動または撤去するよう所有者に求めた。県によると、これまでに少なくとも約70隻が移動を済ませたという。
 放置艇をめぐっては、東日本大震災の津波で押し流された船舶が建物に衝突して二次被害が出るなどし、国や自治体が対策を加速させた。県光都土木事務所は「放置艇を解消することにより、県民の安全を確保し、快適な海洋レクリエーションの促進を図りたい」(港湾課)としている。


掲載紙面(PDF):
2018年4月21日(2275号) 1面 (11,952,656byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメント

30年前か係留してますが説明会への案内がありません。民報さんの記事で初めてしりましたが・・・。どこで説明してくれますか?ようわからんです わ
投稿:係留してます。 2018年04月21日
ここ最近、係留されている船が一気に減りましたね。
ただの放置され勝手に止めている状況だったので、それがちゃんと整備されとてもいいことですね。
見た目も汚らしかったしですし。
投稿:御崎住民 2018年04月22日
私は船の所有に関しては希望もない素人ですが、船を所有した時点で、留めるにも車と一緒で、管理費と届けがいる事は常識と思っていましたが・・・・
赤穂市内に放置艇がこんなに沢山あるとは・・・・実情を知ってビックリです。
投稿:管理者も怠慢では? 2018年04月22日
坂越の街並みと閑静な雰囲気をぶち壊す、市外からのジェットバイクの規制をお願いします。
このままでは、坂越の浜は絶好の無法地帯となります。
投稿:少し話からずれますが 2018年04月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中