忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

後継者育成へ赤穂緞通の研修工房

 2018年04月14日 
赤穂緞通の技術継承を目指して活動をスタートした研修生と講師のみなさん
 かつて赤穂市教委が開いた「赤穂緞通織方技法講習会」の修了生たちが技術保存と伝承を目的に活動している「赤穂緞通を伝承する会」が、後継者育成の拠点として「技術・研修工房つむぐ」を加里屋に開設。8日から活動をスタートした。
 これまでは会員自身の技能向上と観光客などに緞通製作見学・体験を提供するためのスペースとして市から無償で貸与されてきた同会の「加里屋工房」の位置付けを後継者育成の場に特化。「技術と思いを連綿と受け継ごう」との意味を込めて名称を新たにした。
 市教委の講習会を修了した1期生のうち4人が講師となる。これまでは会員個々が弟子をとり、指導方法も各自任せだったが、今後は共通の教本を用い、一貫性のある体系的な指導体制を整える。
 すでに技術継承に意欲のある20〜40代の6人を研修生として受け入れた。工房にある織機を1台ずつ貸与し、「機こしらえ」から「仕上げ」まで赤穂緞通を織り上げるのに必要な工程の一部始終を指導。一通りの技術を習得できれば工房を「卒業」して独立し、新たな研修生を募集する。
 研修生の一人、加里屋の平井恵理佳さん(26)は中学時代の「トライやる・ウィーク」で当時の加里屋工房で緞通製作を体験したことが今回の入門につながった。「赤穂緞通を織るのはとても大変で難しいけれど、ものづくりの楽しさがある。時間はかかるかも知れないけれど、独り立ちできるように練習を頑張る」と抱負を語る。
 講師は皆ボランティアで、研修生は材料費など実費のみの負担で受講できる。井関京子会長(65)=元沖町=は「私たちも先輩方から無償で教えていただいた。次の世代へ引き継ぐことが恩返しになると思っています」と語り、「数年後には研修生の作品発表会を開けるように」と夢を描いている。
 火曜と年末年始を除く午前10時〜正午、午後1時〜4時にオープン。見学自由。製作体験は有料(7日前までに要予約)。Tel45・0606。
 研修生は次のみなさん。敬称略。
 ▽鍜治美恵(加里屋)▽小島由美子(元禄橋町)▽高木克枝(片浜町)▽冨田明(大津)▽冨田瑶子(同)▽平井恵理佳(加里屋)


掲載紙面(PDF):
2018年4月14日(2274号) 1面 (14,953,880byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 14日に千種川河川敷で消防出初式←たまたま(04/19)
  • 「五輪イヤーに忠臣蔵」NHKへ要望書←大河ドラマ(04/19)
  • 「ふる里創生」へ市民団体設立←いつも思う(04/19)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中