忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

市児童合唱団の歌声がCDに

 2018年04月11日 
新曲発表コンサートで好演した赤穂市児童合唱団
 全日本合唱普及会の新曲発表コンサート(3月28日、東京・文京シビックホール)に赤穂市児童合唱団が出演。同声合唱組曲「地球が輝くために」(金澤智恵子作詞、大田桜子作曲)を歌った。演奏は5月までにCD化され、全国の学校や合唱団の手本となる。
 同協会は毎年複数の合唱曲を新たにリリース。新譜CDのレコーディングを兼ねたコンサートをホールで開催している。出演する合唱団のほとんどは首都圏の名門で、地方の合唱団が起用されることは珍しいという。
 出演依頼があったのは2年前。「せっかくのチャンス」と引き受けた。コンサートへ向けた練習時間を確保するため、毎年2月に開催している定期演奏会を約2カ月早め、団員たちも正規練習以外に自主的に集まって歌声を磨いた。
 今回のコンサートには3団体が出演した。赤穂市児童合唱団は小2から高3まで28人でコーラス。観客に語りかけるように歌った。演奏を聴いた作詞者の金澤さんから「歌詞を大事に歌ってくれてありがとう」との言葉をもらい、作曲した大田さんからは「とてもハーモニーの美しい、歌詞の鮮明な素敵な演奏でした」とほめられた。
 「緊張したけれど、力が出し切れた」「すごく達成感があった」と団員たち。指揮者の安部智子さんは「練習やリハーサル以上の演奏ができた。子どもたちにとって、すごく良い経験になった」と話した。


掲載紙面(PDF):
2018年4月14日(2274号) 1面 (14,953,880byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中