忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

木津・大工村「秘仏」の姿明らかに

 2018年02月17日 
地元で「秘仏」とされてきた太子像を調査する金子哲教授(左)
 木津の通称「大工村」にある太子堂を兵庫大学・共通教育機構の金子哲教授(日本中世史)がこのほど調査。地元で「秘仏」とされてきた本尊の太子像が特別に開帳された。
 太子堂は木津水源地から千種川堤防沿いに約200メートル下流側にある。木津はかつて宮大工集団が暮らした地で、「大工」「手能」といった字(あざ)がある。『赤穂の民俗』(赤穂市教育委員会発行)によれば、字大工は大工、字手能は大工道具を作る人々がそれぞれ生活していたという。
 聖徳太子は古くから建築に携わる人たちの信仰対象とされてきた。木津の太子堂も、かつては年に一度の「太子会」に赤穂一円のほとんどの職人が参拝し、参道に露店が並んだり、近くに小屋を建てて村芝居や農村歌舞伎を興行したりするなど盛大だったという。
 地元住民の話では、祭壇に3つ並ぶ厨子のうち中央は「開けたらバチが当たる」と言い伝えられてきたといい、古老も「いっぺんも見たことない」。『赤穂の民俗』も「鍵がかけられ、中の本尊が何であるのか確認できなかった」と記しており、研究者の間では「げんのうを手にした太子像らしい」「いや、手斧を持っていると聞いた」などといった噂が伝播していた。
 今回の調査は太子堂を管理する龍泉寺(真宗大谷派、多田敏明住職)の許可を得て行われ、中央の厨子を開くと、彩色が施された「太子孝養像」が現れた。手にしていたのは大工道具ではなく、柄のついた香炉だった。
 太子像がある本堂の壁を隔てた北側の部屋は「観音堂」と呼ばれ、真言密教系の可能性がある如意輪観音像が安置されている。「太子信仰と密教の信仰が同じ場所にあり、大変興味深い」と金子教授。ともに調査にあたった兵庫県文化財保護指導委員の小林誠司さんは太子堂の柱や組物の形状などから「中世の建築様式を踏襲した近世寺院建造物で、全体に均整のとれた秀作。引き続き研究したい」と関心を持っていた。
 今年の「太子会」は2月18日(日)に行われる。法要は午前10時から。希望者は太子孝養像を拝観できる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年2月17日(2267号) 1面 (11,175,098byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←ビックリマン(03/23)
  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←赤穂市・・・。(03/22)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中