忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

絵はがきに見る義士史跡と忠臣蔵

 2018年02月03日 
忠臣蔵や義士史跡を題材に発行された絵はがき
 忠臣蔵や赤穂の名所などを題材に、明治から昭和初期にかけて発行された絵はがきを集めた収蔵品展が1日から上仮屋の赤穂市立歴史博物館で始まった。
 「義士史跡と忠臣蔵の絵葉書−明治〜昭和初期の絵葉書の世界−」と題し、約150枚を展示している。
 「赤穂義士絵葉書」は赤穂義士と浅野内匠頭、吉良上野介などを一人ずつ描いた石版彩色摺で、明治時代に55〜60枚程度のセットで発行されたものとみられるうちの46枚を展示する。仮名手本忠臣蔵をモチーフに戯画を彩色摺りにした「絵葉書画帖 忠臣蔵」(明治末〜大正前期、計24枚)は滑稽な絵柄がユニーク。
 花岳寺山門内に繁る「大石手植の松」、原惣右衛門旧邸など7枚組の「播州赤穂義士参拝記念絵葉書」(大正3〜6年)、空襲で焼失した大坂・吉祥寺発行の10枚組絵葉書は現存しない風景も見られ、興味深い。
 同館によると、明治33年(1900)に私製はがきの発行を政府が許可したのを受けて全国的に絵はがきの収集が流行。時を同じくして中央義士会の結成(1908年)や大石神社創建(1912年)など赤穂義士を顕彰しようという気運の高まりが重なり、忠臣蔵関連の絵はがきが数多く販売されたという。
 木曽こころ学芸員は「絵はがきを通して、当時の義士ブームや今は失われてしまった風景に思いをはせてもらえれば」と話している。
 2階義士コーナーで7月下旬まで。午前9時〜午後5時。水曜休館。入館料200円(小・中学生100円)。Tel43・4600。


掲載紙面(PDF):
2018年2月3日(2265号) 3面 (16,356,695byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中