忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

「有年物語」ラスト公演で児童熱演

 2018年01月27日 
今年でラスト公演となった児童劇「有年物語」
 有年小学校(江尻裕亮校長)で毎年6年生児童が地域に伝わる民話を題材に演じる創作劇「有年物語」の公演が27日、西有年の同校体育館であった。カリキュラム変更に伴い、今回が最後の上演。児童たちの熱演に下級生や保護者ら約150人が拍手を送った。
 今回の演目は「灰の縄ない」。「灰で縄を作れなければ年貢を倍にする」と無理難題を押し付ける悪代官のたくらみを村人が力を合わせて打ち砕く物語を6年生10人が生き生きと演じ、エンディングでは「有年は世界一すばらしい僕たちのふるさと」と大きな声で郷土への誇りを表した。
 「人と人のつながりや思いやりがある有年の良さを伝えようと演じました」と東花結(なゆ)さん(12)。「クラスのみんなでつくりあげることができて良かった」と感激を話した。
 「有年物語」は「芝居を通して表現力と郷土愛を養おう」と平成17年度に初演。特色ある教育として注目されたが、13回目の今回で幕を閉じることになった。観客の一人は「終了は残念。子どもたちには、大人になったときに自分たちの子どもに民話を語り継いでほしい」と話した。


掲載紙面(PDF):
2018年2月3日(2265号) 4面 (16,356,695byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

6年生10人ですか…
投稿:あゆまま 2018年01月27日
あゆままさんへ
あなたは、この記事を見てそんな所しか気にならないのですか?
カリキュラムの変更で子供達が造り上げ13年間続いた行事がここで終わるのです。
残念には、思いませんか?
私は、最後の有年物語を一生懸命演ずる子供達の勇姿を見てとても感動しましたよ。
投稿:SSK 2018年01月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中