忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】大気測定で異常値 故障では?

 2018年01月25日 
 ネット上ですが、今月頃に入ってから赤穂市中心部の浮遊粒子状物質(SPM)の検出数値が異常なほど高く、「日本の赤穂という所はとんでもない場所」として海外にまで拡散しています。デマにしては、騒ぎが尾を長く引いているようです。恐らく機器の故障ではないかと思いますが、どうなっているのでしょうか。(匿名)
 * * *
 指摘の「ネット上」は、兵庫県のサイト「ひょうごの大気環境」とみられる。県下各地の大気測定局で常時測定された速報値を1時間ごとに受信してインターネット上に公開する仕組みで、赤穂市内では赤穂市役所に設置されている。
 同サイトを閲覧したところ、例えば1月19日14時のSPM濃度は県下の他の測定局が「0・000〜0・050」で安定している中、赤穂局だけが測定上限の「0・601〜」を表示した。
 サイトを管理運営している県環境影響評価室によると、今月中旬に赤穂市役所の大気測定装置でSPMを測定する機器が故障しているのをメンテナンス業者が発見。測定履歴を確認したところ、「11月ごろから故障していたと思われる」ことがわかった。
 同室は「誤った数値が表示されないように該当部分を『調整中』に切り替えるなど対処したい」としている。
<前の記事

コメント

民報様、丁寧な調査ありがとうございました!投稿した者です。
2ヶ月にもわたる長期間、普通では考えられない異常値をネットで発信公表しておりながら、閲覧する一般素人が先に異変に気がついて、監視・管理する行政側が気がついていないのにはビックリです。
立派なシステムを備えながら、行政の側に、普段から常時数値を監視している人がいない事が窺えます。
意外と、こんな程度なんですかね?ちょっとガッカリです。
投稿:ちょっと、ビックリしました 2018年01月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中