忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

遺物に見る開戦間近の赤穂

 2018年01月11日 
有年考古館で開催中の企画展「発掘された昭和のくらし」
 第二次世界大戦が始まった昭和16年ごろにまとめて捨てられたとみられる日用品や玩具などが赤穂市教委の城下町跡発掘調査で出土。当時の世相を映す遺物として、有年楢原の赤穂市立有年考古館で開催中の企画展「発掘された昭和のくらし−大赤穂と戦争の時代−」で公開している。
 市教委によると、遺物は食器や文房具、靴など生活用品のほか、中身が残った化粧品の瓶やレコードなど多種多様。いっしょに見つかったカレンダーの年号などから、昭和15年以前のものと推定できるという。
 当時は昭和12年に赤穂町、尾崎村、塩屋村、新濱村の4町村が合併。新体制の赤穂町は「大赤穂」と呼ばれた。中心部には映画館やカフェ、洋食店といった近代的な店舗が集まって赤穂郡内随一のにぎわいをみせ、華やかな大衆文化が花開いていたという。一方、「ぜいたく品」の製造販売を禁じる法律が昭和15年に施行され、全国各地で休廃業に追い込まれる飲食店が続出するなど戦時ムードが急速に高まった時期でもある。
 今回見つかった遺物には大量の徳利や当時は珍しかったコーヒーカップなどもあり、ほとんどが割れたり壊れたりしていない完全な形のまま捨てられていた。「禁令による廃業や、ぜいたく品を追放する市民運動の中で『ごみ』として捨てられたのでは」と市教委の山中良平学芸員(30)。「これらの遺物は、豊かだった戦前の暮らしと、それが戦争によって破壊されていった様子を私たちに教えてくれているように思います」と話している。
 企画展は1万点を超える出土遺物のうち主な約1000点を展示。2月4日(日)まで午前10時〜午後4時(火曜休館)。入館無料。Tel49・3488。

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←隣の芝生(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←なんだかねぇ(09/23)
  • ストーブ未設置校 今冬までに導入へ←時系列は?(09/22)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中