忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「子育て世代が住みたい田舎」赤穂市が全国7位

 2018年01月04日 
 移住希望者向け月刊誌『田舎暮らしの本』(宝島社)が選んだ2018年版「住みたい田舎ベストランキング」が4日発表され、「小さなまち(人口10万人未満)ランキング」の「子育て世代が住みたい田舎」部門で赤穂市が全国7位、近畿1位となった。
 「住みたい田舎ベストランキング」は同誌が平成25年から毎年行い6回目。移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスクなど194項目のアンケートに過去最多の671市町村(うち565市町村が人口10万人未満)が回答。結果を点数化し、全世代対象の「総合」ランキングのほか、「若者世代」「子育て世代」「シニア世代」の4部門でランキングを決定した。
 赤穂市は「子育て世代」で全国7位に。46市町村が回答した近畿地区でトップに評価された。「総合」と「若者世代」では上位40位に入れなかったが、「シニア世代」で31位にランクインした。
 市によると、同調査で赤穂市がランク入りしたのは初めて。明石元秀市長は4日にあった新年交礼会のあいさつで結果について触れ、「元気で魅力のあふれる赤穂の実現へ向け、一つ一つの取り組みを着実に進めていきたい」と抱負を述べた。


掲載紙面(PDF):
2018年1月13日(2262号) 1面 (14,117,413byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

全国1位は、何処の市町村でしたか
投稿:赤穂市民 2018年01月04日
ここではネタバレになりますので、月刊誌『田舎暮らしの本』(宝島社)を購読ください。
投稿:赤穂市民に申し上げる 2018年01月04日
ほー
こういうのってどこでアンケートしてるんだろ
一度もしたことないや
投稿:あこうじん 2018年01月05日
 このアンケートは自治体に回答を求めたものです。例えば、「移住者への移住奨励金がある」「中学生まで医療費が無料」といった質問(全194項目)を行い、その回答結果を点数に換算して「住みたい度」をランク付けしています。ですので、一般人を対象にしたものではありません。
 ちなみに、「小さなまち(人口10万人未満)ランキング」の1位自治体は総合は北杜市(山梨県)、若者世代は臼杵市(大分県)、子育て世代は常陸太田市(茨城県)、シニア世代は辰野町(長野県)でした。詳しくは1月4日発売の『田舎暮らしの本』2月号に掲載されています。
投稿:赤穂民報 2018年01月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「人から応援される存在に」新成人が抱負←赤穂民報(01/15)
  • 「人から応援される存在に」新成人が抱負←パパさん(01/15)
  • 県下市議会で唯一「君が代」斉唱←赤穂市民(01/15)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中