忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

朝摘み果実でイチゴプリン人気

 2018年01月02日 
「ぜひ味わって」と笑顔の丸尾友明さん(右)と石野剛史さん
 イチゴ農家と洋菓子店がコラボした季節限定スイーツの販売が今季も始まり、フレッシュな香りと滑らかな食感が人気を集めている。
 惣門町の「パティスリーノア」で販売している「まるおファームのイチゴプリン」。
 中広でイチゴをハウス栽培する丸尾友明さん(38)が旬を迎えたイチゴを提供。パティシエの石野剛史さん(35)が商品化した。
 イチゴ農園を開業して3シーズン目となる丸尾さん。今季は従来よりも株の間隔を広げ、より粒が大きく、糖度の高い果実を育てることができたという。石野さんは毎日朝摘みの完熟イチゴを仕入れ、砂糖で浅く煮てから牛乳、生クリーム、卵黄を加え、ほどよい火加減に調整したオーブンでじっくりと焼き上げる。「イチゴのフレッシュ感を味わってほしい」(石野さん)と中身の3分の1を果肉が占める。
 昨年11月には地元のすぐれた加工食品を表彰する「西播磨フードセレクション」(西播磨県民局主催)の食味部門で特別賞を受賞した。「一生懸命育てたイチゴを素敵なプリンにしてもらって生産者としてもうれしい」と丸尾さん。石野さんは「地元に農家があるからこそ作ることのできる商品。ぜひ口にしてほしい」と話している。
 1個350円でイチゴの収穫が続く5月ごろまで販売する。新年は2日から営業。Tel43・2031。イチゴについての問い合わせは丸尾さん(Tel090・7119・5229)まで。


掲載紙面(PDF):
2018年1月1日・第1部(2260号) 4面 (11,491,017byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「人から応援される存在に」新成人が抱負←赤穂民報(01/15)
  • 「人から応援される存在に」新成人が抱負←パパさん(01/15)
  • 県下市議会で唯一「君が代」斉唱←赤穂市民(01/15)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中