忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

「サンセット方式」導入へ 8次行革大綱素案

 2017年12月19日 
 市民サービス向上と健全財政運営を推進するための方針や方策を計画する「第8次赤穂市行政改革大綱」の素案がまとまった。平成30年度からの5年間で68項目の施策を実施し、市民サービスの質を高めるほか、金額ベースで合計8億9200万円の財政効率化を目指す。
 素案によると、新規の臨時的事業を原則3年の時限事業とする「サンセット方式」の導入、電子システムのクラウド化などでコスト縮減を図るほか、新規事業の3分の2以上で国・県などの補助金を活用する。
 また、平成30年度からスタートする「幼稚園3歳児保育」の拡充やコミュニティバスの運行充実などで市民サービスの向上を図る。
 市は来年1月4日(木)から2月2日(金)まで市民から意見を募集するパブリックコメントを行い、有識者などでつくる行政改革推進委員会(委員長=加藤明・関西福祉大学学長)の協議を経て今年度中に大綱を策定する。
 * * *
 「サンセット方式」とは=予算や行政組織が肥大化することのないように、法律・予算・事業などに期限を設け、その期限を過ぎたら自動的に廃止する方式。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年12月23日(2259号) 3面 (11,696,060byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺