忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

赤穂城跡に「義士の灯り」9日から

 2017年12月07日 
「義士の灯り」のイメージ写真=実行委員会提供
 赤穂義士祭(12月14日)までの1週間を多彩な催しや企画で盛り上げる「忠臣蔵ウイーク」に合わせ、上仮屋の赤穂城跡本丸内に竹灯籠をさまざまに組み合わせてライトアップする「義士の灯り〜竹あかり〜」が12月9日(土)から始まる。
 「自分たちのまちは自分たちの手で照らそう」をコンセプトに延べ約300人の市民ボランティアが約2カ月かけて準備。義士祭当日の14日まで毎夜点灯し、国史跡・名勝を幻想的に彩る。
 「義士の灯り」は昨年の義士祭前夜祭、義士墓所がある加里屋の花岳寺で開催され好評だった。今年も昨年に続き、全国各地でライトアップイベントを手掛ける竹あかり演出家の池田親生さんが監修。面積、期間ともスケールアップした。
 イベントを支えたのは市民ボランティアのみなさん。10月中旬から週末ごとに集まり、池田さんが製作した図面に沿って竹を切断したり穴を開けたり、地道な作業を続けた。使用した竹はおよそ300本に上るという。これらのパーツを本丸庭園の池泉周辺に組み立て、竹筒の中に入れたLED電球を灯して光のオブジェとした。
 開幕日の9日は午後5時から点灯式。10日以降も午後5時から9時まで点灯する(荒天中止)。赤穂市公式観光アプリ「赤穂まちあるき」のAR(拡張現実)機能を使えば、現実の光景に「光の天守閣」を組み入れた写真を撮影できる。
 義士祭前夜祭の13日(水)は花岳寺、赤穂大石神社でも実施する。


掲載紙面(PDF):
2017年12月9日(2257号) 1面 (7,361,556byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

義士祭が近づくと毎年こんなニュースが出てきます。
赤穂だけのニュースに拘らず、全国の義士友好都市や関連の記事の発信にも関心を持って貰いたいです。
「忠臣蔵」大石内蔵助の妻りく、直筆の手紙見つかる 兵庫・豊岡
神戸新聞NEXTより 〇ttps://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010799211.shtml
投稿:新発見 2017年12月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中