忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

ロッキングハムで喜びの再会

 2017年11月25日 
思いがけず8年ぶりの再会を果たした頭巾明星さんとシャネン・セルダンさん
 姉妹都市提携20周年記念事業の市民訪問団の一員として豪州・ロッキングハム市を訪れた尾崎の頭巾明星(あきほ)さん(23)=神戸市外国語大学4回生=が、かつてホームステイ交流で来穂した女性と8年ぶりに現地で再会。偶然が重なった結果の対面だったといい、「まさか会えると思っていなかったので、本当にうれしい」と喜びを語っている。
 頭巾さんは中3のとき、ロッキングハム市の高校生が赤穂市内にホームステイした交流事業の受け入れ先となり、当時コルベ高校の1年生だったシャネン・セルダンさんと数日間ともに過ごした。当時は互いにインターネットなどの手軽な通信手段を持たず、その後に連絡を取り合うことはなかったものの、頭巾さんにとって「忘れられない思い出」であり、英語科のある高校への進学と、その後のオーストラリアやイギリスへの留学につながったという。
 ロッキングハムを訪れたのは今回が初めて。最初の訪問先だったコルベ高校でセルダンさんとの思い出話を話したところ、隣接するフリーマントル市で彼女がカフェを経営していることがわかった。現地での最終日にフリーマントルを訪れる旅程がたまたま組まれていた幸運もあり、頭巾さんはカフェで念願の再会を果たした。
 1時間弱という短い対面だったが2人は互いの近況報告や思い出話で盛り上がった。セルダンさんは8年前の赤穂での思い出を詳細に記憶していた。「私だけじゃなくて、彼女にとっても8年前のホームステイ交流が心に残る体験だったんだなと思うと、うれしかった」と頭巾さん。「時間が経って、遠く離れていてもつながってたんだなと」
 現在、頭巾さんは「地球市民の意識構築」をテーマに卒論を執筆中。自身の経験も踏まえ、「幼少期に海外に興味関心を持つことが重要」と考えているという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年11月25日(2255号) 4面 (15,483,663byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂高校の関係者に陽性判明 26日は臨時休校←個人的な意見です(10/30)
  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←市民(10/29)
  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←医療従事者(10/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺