忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 絵本で世界を旅しよう
  3. 記事詳細

マッチ箱日記

 2017年11月25日 
『マッチ箱日記』 ○文/ポール・フライシュマン ○絵/バグラム・イバトゥーリン ○訳/島式子、島玲子 ○BL出版
 絵本のなかには、これまでに味わったことのない思いや感動を与えてくれるものがあります。「マッチ箱日記」もその一冊です。「マッチ箱」って、今の子供たちはわかるかなあ…。
 アメリカへ出稼ぎに行っていた父のもとに、お母さんに連れられてイタリアから移住する少年の物語です。
 家庭は貧しく、少年は学校へも行けません。もちろん、字を読むことも書くこともできません。
 マッチ箱日記の始まり、それは「おなかがすいた」と言ったとき、お母さんがオリーブの種をくれたときからです。その時のオリーブの種をマッチ箱に入れて大切に持っていたことから始まったのです。
 それからの少年は、アメリカへの船旅の時、アメリカでの生活、何かあると思い出のものをマッチ箱に入れました。ときどきマッチ箱を取り出し、日々の暮らしの心のよりどころにしていました。
 当時のアメリカには、イタリアなどからの移住民を嫌がる人もいました。子どもたちに石を投げられて前歯が折れたことがありました。その折れた歯もマッチ箱に入っています。
 当時のアメリカ社会の一端を垣間見たような気がします。
 わたしは、中学生の頃から何度か日記にアタックしましたが、一度も日記を続けることができませんでした。
 この絵本から、私の思っていた「日記」のイメージの狭さをつくづくと考えさせられました。
   * * *
 『マッチ箱日記』○文/ポール・フライシュマン○絵/バグラム・イバトゥーリン○訳/島式子、島玲子○BL出版
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年11月25日(2255号) 4面 (15,483,663byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「歩いてほのぼの」春の坂越写真展←坂越まち並み館内(04/05)
  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←赤穂(04/05)
  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←匿名(04/05)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中