忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

藩校「博文館」の遺構発掘 18日に現地説明

 2017年11月11日 
赤穂藩校「博文館」跡の遺構が見つかった「鶴の丸公園」の発掘調査現場
 赤穂城塩屋門西側で旧赤穂藩校「博文館」跡の発掘調査を行っている赤穂市教育委員会は7日、博文館に関連する遺構を発見したと発表した。江戸時代の藩校跡が発掘調査されたのは全国で約30カ所といい、市教委は「非常に珍しい調査事例」として近く現地説明会を開く。
 博文館は赤穂藩儒だった赤松滄洲・蘭室親子によって計画され、藩主・森忠興によって安永6年(1777)に現在の「鶴の丸公園」(上仮屋南)に開校。漢学と武芸を主教科とし、藩内の武家の子弟が教育を受けた。残っている平面図によると、講堂、学寮、練武場があったとされる。明治5年の学制発布後は「博文小学校」となり、現在の赤穂小学校へと系譜がつながっている。
 発掘調査は同公園に耐震防火水槽を設置するのに伴い先月23日から実施。40〜50センチ下の地層から建物の礎石を抜き取った穴の跡やごみ捨て穴などが見つかった。平面図との照合で「遺構は学寮にあたるものと推測される」という。また、藩校以前にあった浅野時代の侍屋敷のものとみられる上水道や木簡なども発見された。
 発掘調査を担当した市教委文化財係によると、関係所管と協議の上、防火水槽は遺構にかからないように設置位置を変更する予定という。
 現地説明会は11月18日(土)午後1時から。申し込み不要。赤穂城西側駐車場を利用できる。雨天の場合は23日(木・祝)に順延する。問い合わせはTel43・6962。


掲載紙面(PDF):
2017年11月11日(2253号) 1面 (16,729,531byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール