忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「アンデスの妖精」アルパカ誕生

 2017年11月06日 
母親に見守られながらすくすく育っているアルパカの赤ちゃん
 御崎の赤穂海浜公園「動物ふれあい村」でアルパカの赤ちゃんが誕生した。母乳をたっぷり飲んで順調に育ち、このほど一般公開。母親に見守られながらすくすく育つかわいらしい姿を見ることができる。
 10月8日に7歳のミラカが頭からしっぽまで全身真っ白の雌1頭を出産。2週間後には他のアルパカ2頭との顔合わせも無事済み、産まれたときに6・8キロだった体重は約1カ月でおよそ12キロまで増えた。名前はまだ決まっていない。
 アルパカは南米原産のラクダ科で、可憐な容姿から「アンデスの妖精」とも呼ばれる。管理者の緒方卓也さん(58)によると、11月中頃までは母乳を飲んで育つといい、「今が最もかわいさが際立つ時期。ぜひ見に来てもらえれば」と来場を呼び掛けている。
 入場料は3歳以上500円。午前10時〜午後3時(土日祝は4時まで)。火水休み。Tel43・2820。


掲載紙面(PDF):
2017年11月11日(2253号) 1面 (16,729,531byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール