忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「愛され信頼される学校へ」赤穂高90周年

 2017年10月29日 
赤穂高校の創立90周年記念式典
 赤穂高校の創立90周年記念式典が29日に中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールであり、在校生、教職員とOB、関係者ら約1130人が参加。節目を祝った。
 同校は昭和2年に県下14番目の旧制中学として創設。同26年に定時制課程が設置された。同56年に赤穂城本丸跡から海浜町の塩田跡地に新築移転。「質実剛健」「礼譲敬愛」「自主創造」を校訓に、これまでに3万人近い卒業生を送り出している。
 式典で大西正則校長は「多くの卒業生が県内はもとより国内、世界で活躍している。これこそが本校の最も確かにして偉大な業績」と語り、「今後も地域から愛され、信頼される高校を目指す」と式辞を述べた。中村良廣・同窓会長が「100周年へ向けて新たな一歩を踏みだし、ますます有益な人材を輩出することを祈念します」とあいさつ。全日制生徒会長の秋田唱吾(とわ)君が「これからも温かく、やさしく、ときには叱咤激励しながら見守って」と語った。
 オープニングでは、この日のために同校教諭が作詞作曲した式典序曲「虹色の未来(あす)へ」を音楽部と市民合唱団など約90人がコーラス。記念講演では同校OBで愛知工業大学地域防災研究センター長の横田崇教授が「地球科学と防災」と題して講演した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年11月3日(2252号) 1面 (17,880,036byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

校舎が建設される前のグラウンドで、少年野球の試合をやった思い出があります。何も建ってないから、野球の試合が2面する事が出来ました。
40年前の話になりますね

そう思う 0

投稿:卒業生じゃないけど 2017年10月31日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺