忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

全国障害者スポーツ大会へ3選手

 2017年10月25日 
全国障害者スポーツ大会への参加を前に明石元秀市長を表敬訪問した選手のみなさん=市企画広報課提供
 10月28日(土)から愛媛県で開催される第17回全国障害者スポーツ大会に赤穂市から南野中の枝川哲也さん(35)、上仮屋南の清水幸代さん(68)、砂子の木村佳史さん(54)が出場する。大会を前にこのほど市役所を表敬訪問した。
 生まれつき両足にまひがある枝川さんは通算7度目の参加。過去には水泳、フライングディスクで金メダルを獲得しており、今回は車椅子陸上の200メートルと1500メートルにエントリーした。フルマラソンへ向けてのスピード強化も兼ねての短中距離種目へのチャレンジ。「どこまでやれるか試したい」と意気込む。
 視覚障害がある清水さんが出場するのは、金属球入りのボールが台上を転がる音を頼りにラケットで打ち合うサウンドテーブルテニス。2歳で麻疹の後遺症で失明し、中学時代に競技に出会って約50年のプレー歴がある。「練習環境やサポート体制があるおかげでプレーを続けてこられた」と感謝を胸に初の全国大会を楽しみにしている。
 木村さんはフライングディスクに出場する。29歳のとき交通事故に遭い、左膝上から下に義足を着けている。もともとは柔道で鳴らしたスポーツマン。兵庫県障害者スポーツ協会の理事も務めており、これまでは裏方で大会を支える立場が多かったが、今回は選手として初参加。「障害者スポーツの普及に何が必要か選手目線で考える機会にもしたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年10月28日(2251号) 1面 (7,327,079byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中