忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

あこがれの樫本大進さんと共演

 2017年10月09日 
ハーモニーヴァイオリンアンサンブル教室の生徒たちと樫本大進さんが共演したプリコンサート=市企画広報課提供
 赤穂ゆかりのヴァイオリニスト、樫本大進さん(38)ら世界トップレベルの演奏家による「ル・ポン国際音楽祭 赤穂・姫路2017」は7日開幕した。
 8日には中広の市文化会館ハーモニーホールでプリコンサートがあり、樫本さん寄贈の楽器で練習する「ハーモニーヴァイオリンアンサンブル教室」の生徒たちが樫本さんと共演した。
 同教室は樫本さんから贈られたヴァイオリン20挺で平成14年度に始まり、今年度で16期生となっている。練習成果の発表の場として国際音楽祭の第1回から続くプリコンサートには毎回樫本さんも出演。生徒たちは同じ舞台に立てることを楽しみにして練習を頑張ってきた。
 今回はバッハの「ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調」を合奏。小2から教室で習い、プリコンサートは7回目の出演となった若草町の中学3年、永濱志帆さん(14)は「大進さんと一緒に弾ける幸運を感じながら演奏しました。もっとうまくなれるようになりたいです」と話した。
 同音楽祭は14日まで計6ステージ。7カ国14人の一流アーティストが演奏を披露する。10日(火)と11日(水)の公演(いずれも赤穂市文化会館ハーモニーホールで午後6時半開演、入場料1000円)は残席あり。Tel43・5144。


掲載紙面(PDF):
2017年10月14日(2249号) 4面 (13,725,790byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

12月4日(月)午後10:25〜NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」に樫本大進さんが出演します。約半年間の密着からみえるヴァイオリニストの仕事を追いかけるドキュメント。
勿論、赤穂での様子も満載です。
投稿:「プロフェッショナル 仕事の流儀」オンエア情報公開 2017年11月15日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中