忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 記事詳細

「くぼっち先生」久保良道さん逝去

 2017年10月07日 
100カ国目の絵本が届いて笑顔の久保良道さん=平成24年6月
 自宅に私設の絵本図書館「くぼっち文庫」を開き、赤穂民報でコラム「絵本で世界を旅しよう!」を執筆した有年原の元中学校長、久保良道さんが7日、がんのため市内の病院で亡くなった。80歳だった。
 赤穂、相生の小・中学校で教鞭をとり、市立民俗資料館長も務めた久保さんは退職後の平成15年、がんで先立った妻・眸さんの遺志を継ぎ、世界中の絵本を自費で集めた「くぼっち文庫」を自宅車庫を改修して開設。その翌年から本紙で掲載が始まった絵本紹介のコラムは先月までに通算240回を数え、今年8月にはコラムを再編集して一冊にまとめたものとして2冊目となる『絵本で世界を旅しよう2―くぼっち文庫の100冊』を出版した。
 平成16年の水害で千数百冊の蔵書を失ったが、何度も東京の古書店に足を運ぶなどして再収集。収蔵する絵本は約100の国・地域の計4000冊を超え、それらを利用者に無料・無期限で貸し出した。数年前からがんを患い、今年4月から療養に専念するため文庫を休館。「絵本は読まれてこそ価値がある」と、8月に地元の小学校や幼稚園に蔵書の大半を寄贈した。
 久保さんは生前、「絵本は人生を豊かにしてくれる」「私自身が絵本に救われた」と話していた。著書のあとがきには、「私の願いは、ただひとつ。ゆったりとした気持ちで絵本を楽しんでほしいだけです」とある。久保さんが寄贈した絵本の一冊一冊に温かな願いがこもっている。


掲載紙面(PDF):
2017年10月14日(2249号) 1面 (13,725,790byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

中学の時大変お世話になりました、もう一度お目にかかりたかったのですが残念です。ご冥福をお祈りいたします。
投稿:プリエール店長 2017年10月07日
コラム楽しみに読ませていただいていたので寂しい限りです。安らかにお眠り下さい。
投稿:読者 2017年10月10日
中学時代、社会科の授業でお世話になりなりました。御冥福をお祈りします。
投稿:赤穂出身 2017年10月17日
俺は、一度だけしかお会いしてないのに・・・・
投稿:尋ね人 2017年10月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集