忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

山林火災消し止めた3人に「のじぎく賞」

 2017年09月13日 
見事な連係で山火事を食い止め、「のじぎく賞」を贈られた=右から=岡本さん、千田さん、浅田さん
 迅速な初期消火活動で山林火災を未然に防いだとして、赤穂自動車教習所(宮辻義信所長)の職員3人に兵庫県知事から善行を称える「のじぎく賞」が贈られた。
 受賞したのは、副所長の岡本正利さん(59)=北野中=、教務係長の千田正明さん(54)=和気町=、指導員の浅田泰伸さん(44)=佐用町豊福=。
 今年8月24日午後7時10分ごろ、北野中の教習所事務所2階で一人でデスクワークをしていた岡本さんは「パチパチ」という音に気付いた。不審に思って窓の外を見ると、事務所から数メートル先の山林から炎が上がっていた。
 「火事や!」
 すぐに階段を駆け下り、教習コースで指導中だった同僚に異変を知らせた。千田さんと浅田さんが事務所1階の消火栓からホースを伸ばして放水開始。岡本さんの119番通報から9分後には消防隊が到着したが、そのときにはすでに鎮火していたというスピード消火だった。
 現場は燃えやすい笹草や樹木が茂った急斜面で、数日間雨が降らず乾燥した状態だったという。千田さんは「炎はけっこう大きかった。少しでも遅かったら大変なことになっていたかも知れない」と証言。現場を検証した市消防本部も「建物の影になって人目につきにくい場所でもあり、初期消火がなければ大規模な山林火災になっていた恐れがあった」と話す。
 実は岡本さんと浅田さんは現役の消防団員で、千田さんも昨年まで32年間にわたって消防団で活動していた。長年の訓練経験があったからこそ、慌てずに消火活動できたといえ、筒先を持って放水した浅田さんは「落ち着いて放水できました。近くに民家もあるので、大事にならなくてよかった」と振り返り、岡本さんは「職場でも消防訓練をしていたので、消火栓の位置やどこまでホースが届くのかということは頭に入っていた」と日頃からの備えが功を奏した点を強調した。
 のじぎく賞の伝達式は13日、加里屋中洲の赤穂警察署で行われた。3人は「目の前の火を消すという当たり前のことをしただけなのに恐縮です」と謙遜しながら表彰状を受け取った。


掲載紙面(PDF):
2017年9月16日(2246号) 1面 (13,011,458byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

消防団の活動や、普段の消火訓練は大事です。
投稿:燃える男 2017年09月15日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集