忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

「レトロ楽しんで」16日に町歩きイベント

 2017年09月09日 
歴史ある景観を地域活性化につなげようと町歩きイベントを開催する実行委員会のみなさん
 レトロな雰囲気の商店街と古い町家が残る加里屋の花岳寺周辺で9月16日(土)、町歩きイベント「忠臣蔵ゆかりの花岳寺界隈にぎわい市 レトロさんぽ」が開催される。
 広場に大正から昭和の車やバイクを計20台ほど展示し、商店街の空きスペースに昔懐かしいレコード喫茶や駄菓子屋を一日限定でオープン。イカ焼きやネギコロ焼きなどの屋台を並べ、ちんどん屋や人力車も繰り出すなど盛りだくさんで、にぎやかな一日になりそうだ。
 ドラマのロケに使われるなど古き良き時代の雰囲気がある花岳寺通商店街。近くには旧街道の「備前街道」や藩主が通った「お成り道」があり、漆喰壁や虫籠窓のある町家が点在する。そうした景観を地域の魅力として発信しようと、伝統的建造物の保全に取り組むNPO「町なみ屋なみ研究所」(神戸市)の支援を受けて商店主や市民有志らの実行委員会がイベントを企画した。
 「このエリアはにぎわいを創り出せる可能性がある」と語るのは同NPO理事長の酒井宏一さん(61)=神戸市西区=。酒井さんは篠山や宍粟でも町家の保全を地域おこしや商店街活性化につなげる活動をサポート。空き店舗が営業を再開したり、移住者が新規出店したりする効果が現れているという。
 花岳寺周辺では昨年5月、築75年の空き家を改修して「ビートルズ博物館」がオープン。また、昭和初期に呉服屋だった築約130年の町家(旧うまえ)の復元が完成間近になっている。同商店街の尾上友宏会長(64)は「これまでは解体するしかないのでは、と思っていた古い建物が少し手を加えることで地域の財産になるのだとわかった」と気付いたという。
 商店街でフラワーショップを営む実行委員長の田辺尚也さん(42)によると、新規出店を促進するために空き家所有者と出店希望者とのマッチングに取り組む構想もあるといい、「まずは今回のイベントをきっかけにプロジェクトへの賛同の輪を広げたい」と意気込んでいる。
 午前10時〜午後4時。雨天決行。ボランティアガイドが町並みを案内する「レトロウオーク」は午前10時と午後1時の2回(いきつぎ広場出発)。「お成り道」では午後1時〜2時に人力車の特別試乗がある(花岳寺前で受付)。特製缶バッジがもらえるスタンプラリーもある。Tel45・2238(たなべ花店)。


掲載紙面(PDF):
2017年9月9日(2245号) 1面 (16,974,134byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール