忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

頑固一徹 義士顕彰に生涯懸けた男

 2017年08月26日 
在りし日の平尾孤城氏=遺族提供
 大正から昭和にかけて赤穂義士の調査研究と顕彰に尽くした義士研究家の平尾孤城(1901−67、本名・須美雄)が亡くなって今年で50年になる。義士研究の第一人者として多くの著作を残し、義士教育の普及にも道筋をつけた功労者の足跡を振り返ってみたい。
 孤城は塩屋村長だった杉松を父に明治34年に生まれた。閑谷中で首席をとるほど学業優秀だったという。国学院大学高等師範部で歴史・哲学を専攻。後に『正史赤穂義士』を著した日本史学者の渡辺世佑(1874−1957)から教えを受けた。大学を卒業して台湾で教職に就き、昭和4年に赤穂中(現赤穂高)へ着任。教壇に立ちつつ義士研究に勤しんだ。同23年にGHQの占領政策で教職追放された後も志を曲げず、亡くなるまで学究を続けた。
 全国各地を飛び回って義士史料を収集し、研究成果を『忠臣蔵の表裏』『人間赤穂浪士』など多数の著書や論文にまとめた。義士一人一人の個性や逸話を平易な言葉と巧みな話術で語る講演は、「芝居よりもおもしろい」と聴衆をひきつけた。昭和29年公開の松竹映画「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」では歴史考証を担当。赤穂義士会理事長として義士史跡の保存を提唱し、赤穂城大手門・大手隅櫓の復元にも力を尽くした。
 昭和33年には当時の小幡栄亮市長とともに吉良町を訪れ、赤穂市との和解に至る扉を開いた。赤穂商工会議所専務理事、ボーイスカウト赤穂第一団の初代団長も務め、歴史研究だけでなく地元経済振興、青少年育成など幅広い分野で郷土の発展に貢献。塩屋小学校、赤穂西中学校の校歌を作詞したことでも知られる。
 曲がったことが嫌いで反骨精神が強かったという。赤穂中に勤務していた戦時中、「食糧増産のために学校の運動場を開墾せよ」との命令にグランドの周囲だけを畑にし、「教練をするためにおいてある」と抵抗。生徒を一人でも多く予科練に志願させるように県から求められたときは「予科練だけが国に尽くす道ではない」と役人にかみついた。本人は後に新聞社のインタビュー取材に「私は国粋主義者だが、軍国主義者ではない」と語っている。
 昭和27年に教職追放が解除されて復職を勧められたときも「一度追放しておいて戻れとは何事か」と断ったという頑固な性格だった一方、妻の留袖で女装して仮装行列に登場したり、宴席で余興芸を披露したり気さくな一面も。動物が大好きで犬、猫、ヤギ、アヒル、金魚にカナリアと自宅と庭はペットであふれていた。酒、たばこはたしなまず、三女の真美子さん(63)=古浜町=は「父の日常で一番覚えているのは、離れの出窓のそばで朝夕静かにお茶を飲んでいた姿です。煎茶が好きで、茶盆を用意して自分でいれていました」と思い出を話す。
 昭和42年8月30日、がん性腹膜炎で66歳で亡くなった。孤城が集めた古文書や藩札、書籍など1723点は遺族から赤穂市へ寄贈された。小幡市長(当時)は「赤穂義士会報」に寄せた追悼文で「義士顕彰を通し赤穂の名声を高められた功績は、郷土史に銘記して永久に感謝に価いするものである」と称えている。


掲載紙面(PDF):
2017年8月26日(2243号) 4面 (12,989,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

平尾先生の数々の業績については、かねてから敬服しておりますが、ただ一つ、先生が「赤穂城大手門・大手隅櫓の復元にも力を尽く」されたことについて疑問を抱いていました。というのは、隅櫓は「復元」「ではなく「再建」で、明治初期に撮影された隅櫓と違っていると言うことです。明治期の写真は、巴屋さんに近い「おほり茶屋」に掲示されていますが、現在の櫓は構造などが簡略化されいて、往時を偲ばせるものというより、レプリカと言うべきものです。平尾先生がどんな考えで「復元」に携わられたか、資料があれば民報さん紹介してください。
投稿:どんな考えで大手隅櫓の「復元」に携わられたのでしょう 2017年08月26日
 平尾孤城さんの経歴については、著書に掲載されていた年表、ご遺族からの聞き取りなどを基にまとめました。赤穂城大手門・大手隅櫓の復元(再建)については、「赤穂義士会報」と『大石神社鎮座五十年記念史』を参照しましたが、「平尾先生がどんな考えで『復元』に携わられたか」についてまでは調べが至りませんでした。この点は引き続き取材したいと思います。興味深い視点をご指摘いただき、ありがとうございました。
投稿:赤穂民報 2017年08月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール