忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

粟田哲也遺作展「古代文明からのいざない」

 2017年08月12日 
在りし日の粟田哲也さん
 二科展会友として独創的な彫塑の制作を続け、昨年8月に亡くなった福浦の元小学校長、粟田哲也さん(享年79歳)の遺作展「古代文明からのいざない」が8月17日(木)から中広の赤穂市立図書館で開かれる。
 美術仲間を中心とした実行委員会が「粟田さんの作品と人柄を多くの人に知ってほしい」と企画。60年間にわたる創作活動で生み出された力作を一堂に並べ、故人を偲ぶ。
 粟田さんは昭和12年に神戸市須磨区で生まれた。小学2年のとき、両親の故郷である赤穂市福浦へ疎開し、そのまま移住した。赤穂高から多摩美術大彫刻科へ進み、在学中に二科展に初入選。美術教諭として就職した以降も精力的に創作活動を続け、教職員美術サークル「白いチョークの会」、美術家グループ「群象の会」でも作品を発表した。
 「ロダンにあこがれて彫刻を始めた」という粟田さん。石膏を手始めにセメント、焼物、木彫、金属とさまざまな素材を扱い、終生のテーマとした「古代文明からのいざない」を追い求めた。妻の和子さん(71)の話では、創作に没頭して4〜5日続けて徹夜することもあったという。
 今展では、二科展初入選作や和子さんとの婚姻記念で制作した大作オブジェ「長船の奏跡」、昭和59年に二科展会友賞に輝いた作品など約70点を展示。また、素朴な画風が友人や知人に好まれた絵手紙約200点、自宅そばを流れる小川にちなんだペンネーム「鳴瀬川哲也」の名で投稿した文芸誌「かぼちゃ畑」の掲載号約50冊も並べる。
 粟田さんと親交が深く、実行委員長として遺作展を企画した鷏和の元小学校長、氏平源吾さん(76)は「粟田さんは美術全般に造詣が深く、誰に対しても謙虚な人だった。作品が持つ素朴な力強さから人柄を感じてもらえれば」と話している。
 20日(日)まで午前10時〜午後6時(最終日は4時まで)。


掲載紙面(PDF):
2017年8月12日(2242号) 1面 (10,283,825byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集