忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

小池都知事も出席 東京あこうのつどい

 2017年08月09日 
明石元秀市長とも和やかに会話した小池百合子・東京都知事=市企画広報課提供
 首都圏在住で赤穂にゆかりのある人たちを集めて交流する「東京あこうのつどい」は4日、東京都千代田区の都市センターホテルで開かれた。観光大使や各界で活躍する87人が参加。母親が赤穂出身の小池百合子・東京都知事も来賓として出席した。
 情報交換と市政PRを目的に今年で4回目。明石元秀市長は「交流会を通じて幅広いネットワークをつくり、将来への希望が持てる赤穂のまちづくりを推進していきたい」とあいさつした。
 初参加の小池知事は尾崎で塩田地主だった曾祖父の写真を手にスピーチ。子どものころ、赤穂の海や川で泳いだエピソードをにこやかに語り、親近感を感じさせた。


掲載紙面(PDF):
2017年8月12日(2242号) 1面 (10,283,825byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 尾崎地区 ]  [ 社会 ]

コメント

国政政党結成の準備で、M党国会議員の離党に続く、支持基盤を作る手始めが、これまでほとんど話題にもならなかった母親の出身地赤穂ですか。自分本位だと言われている地元選出の国会議員より頼れる存在になればいいですがね。
投稿:さすがの小池劇場 2017年08月11日
知事のお母様、恵美子さんだけでなく、お父様の先代も小川家の方と聞きます。
NHKひよっこ島谷家ではありませんが、昔は、お家や自営存続のため半ば強制に近い縁談やお見合い結婚が多かった時代。
知事のご両親はどうだったのかな?と想像が膨らみます。
しかし、この話は、もしも小池知事が次期首相にでもなったとすると、小川家の創生から始まり赤穂を幼少舞台に忠臣蔵に匹敵する展開を含む女傑リーダー一大時代劇になりそうです。
赤穂の塩田地主と神戸の商船富豪が赤穂と神戸を舞台に遠距離恋愛、尾崎や坂越で幼少期を過ごしたのち、話は中東へと展開します。
母恵美子さんのドバイ日本料理店立ち上げのドタバタからの、エジプト大学進学、日本へ帰国後、日本新党、自民党から東京都知事へと、まるできよが将軍の生母月光院に成り上がる話も真っ青です。いやはや、時代は繰り返すのですね・・・赤穂は・・・・
投稿:塩田を発端に国政へと展開する女傑リーダー一大時代劇 2017年09月01日
朝の連続テレビ小説にふさわしい。
投稿:↑ 2017年09月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集