忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「核のごみ」処分候補地 赤穂も可能性

 2017年08月04日 
 
 「核のごみ」と言われる高レベル放射性廃棄物の最終処分候補地となり得る地域を示した「科学的特性マップ」が7月28日、経済産業省から示された。国土の約3割が「好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高く、輸送面でも好ましい地域」となり、赤穂市域全体もその中に含まれた。
 核のごみは原子力発電所から出る使用済み核燃料などの放射性廃棄物。放射線量が低減するまで少なくとも数万年かかるとされ、国は「厚い金属製の容器にしっかり格納した上で、地下深い安定した地層の中に埋設」する「地層処分」を行う方針を立てている。
 科学的特性マップは「地層処分を行う場所を選ぶ際にどのような科学的特性を考慮する必要があるのか、それらは日本全国にどのように分布しているか、といったことを分かりやすく示すもの」として同省が作成。火山や活断層、地下資源が存在するなどの条件に当てはまらず、さらに沿岸からの距離が20キロ程度以内のエリアを「好ましい特性があると推定される可能性が相対的に高く、輸送面でも好ましい地域」と位置づけた。
 マップによると、全国の基礎自治体約1750のうち約900自治体が該当し、国土全体の約3割に上った。赤穂市は隣接する相生市、上郡町とともに全域がエリアに含まれ、備前市も北端の一部を除いて該当した。
 同省は9月以降、該当地域を中心にマップの説明会を開催し、候補地選定調査への理解を得たい考え。「将来的に地域の理解が深まっていけば、その状況等を踏まえて、調査への協力を国から申し入れることも考えていく」とし、「地域の理解を得ることなしに、一方的に調査を開始することはない」としている。
 明石元秀市長は、国から説明会や候補地選定調査の申し入れがあった場合の対応について、赤穂民報の取材に「マップは今後国民理解を深めていくために国が作成したものと認識しており、意見を述べる段階ではないと考えている」とコメントした。


掲載紙面(PDF):
2017年8月5日(2241号) 1面 (12,280,542byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

まず、瀬戸内、それも瀬戸内中心部に程近い赤穂市は可能性は低いとみますが、現状の市内産廃処理建設計画を阻止できるか、出来ないかで国の見る目は変わると思います。
候補地元の態度、様子でコロコロ国の目のつけ方も変わる核処分場候補地。
本当に、地元に希望しないのであれば、目先の産廃問題を断固として受け入れない地域の雰囲気づくりが大事と思います。
投稿:隙在らば・・・・ 2017年08月04日
産廃反対を掲げて当選しておきながら、市長は中立などあり得ない、前市長が産廃は進めた経緯があっても、反対で当選した事実を今一度考えるべき、いまのところやる気があるように思えない。
投稿:ゆう 2017年08月06日
明石市長は、隙だらけ。赤穂は、原発使用済み燃料を持ち込むこと、地勢的に最適地です。「産廃最終処分場建設に反対」と言いながら、市長として何ら発信できない明石市長。政治的手法も力量も持ち合わせていない。核ゴミについても産廃についても本当は何も分かっていない人でしょう。
 赤穂市政は、のほほんとこれまで通り。非常に危険な水域と、赤穂市民は知るべし。
投稿:赤穂を憂え人 2017年08月10日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集