忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史社説
  3. 記事詳細

【社説】目先の面子ではなく美術館の信用守れ

 2017年06月17日 
 赤穂市立美術工芸館の平成28年度特別展へ向けられている疑義について、同館の検証は不十分と言わざるを得ない。
 まず、「贋作もしくは真筆とは断定しがたい物が多数含まれている」と指摘された河野鉄兜の遺墨について。担当学芸員によると、展示品30点について印譜集との「印合わせ」を行ったところ、半分ほど検証した時点で、印文や字形が同じにもかかわらず、「印影にずれがあるものがいくつか確認された」という。
 一般的に「印影にずれ」があれば「偽印=贋作」と疑われるが、同館は「同じデザインの印を複数使っていた可能性もある」と結論付け、「これ以上検証しても意味がないから」と残りの作品の検証を打ち切った。不都合な事実が確定的になることを避けているようにしか見えない。
 また、「同号異人の作品を展示している」と言われた河野東馬の滝図短冊(今号3面に関連記事)についても、2月に本紙が取材した時点で当時の館長が語った「最大限の努力」で調査したとは言い難い。
 そもそも、この特別展は準備段階での調査研究や検証、確認も万全だったとは認めがたい。作品の所在調査をする上で、いの一番に問い合わせるべき鉄兜・東馬兄弟の出身地である姫路市への確認すらしていないからだ。もし、それを怠っていなければ、今回の疑義のほとんどは回避でき、しかも、より充実した展示になっていたはずだ。同館によると、「約3年間かけて準備した」というが、その間、準備の進捗状況をどのようにチェックしていたのか。運営管理体制も見直す必要がある。
 同館は「再調査が必要」として販売を休止していた特別展図録の販売再開を近日中に判断するという。「今回の指摘を踏まえ、今後はさらに十全の準備を心掛けたい」(同館)としているが、まずは一連の疑義に対してしっかりとした検証を行い、真贋や作者があいまいなものはその旨を明らかにした上で図録の販売を再開すべきだ。
 一連の疑義を最初に指摘した前嶋第誓氏は「公的機関の展示や図録は、その後の真贋判定の基準にもなる。それだけに事前に十分に調査を行い、その信ぴょう性を念入りに精査検討しなければならない」と主張する。
 本紙も同感だ。目先の面子ではなく、公的美術館としての信用を守ってほしい。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】美術工芸館図録 同号異人の作品収録か
【関連記事】美術工芸館図録に真贋疑惑 販売休止


掲載紙面(PDF):
2017年6月17日(2235号) 1面 (11,615,729byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

すみませんでした。
上記のように書いたら、お役所は意地になって間違いを認めないし、人事も刷新されないわなぁ〜。
それが、役所仕事だから。

そう思う 0

投稿:改過自新 2017年06月22日
この問題、美術館としての基本がなってないから生じているのでしょう。
個人攻撃はしたくないが、この問題は学○員の専門能力が不足しているのは明らかで、
問題を問題として認めようとせず、時が過ぎるのを待っているかのようです。
人事を刷新して、新しいスタートを切ってはどうですか?

そう思う 0

投稿:改過自新 2017年06月22日
地元に密着してる赤穂民報社さんが勇気を奮い起こしてここまで踏み込んだ記事を書いている。
一歩間違えば社運に拘わる様なことになりかねない内容です。
それなのに義憤に燃えて記事にされたのはそれだけ重大な内容だからです。
これは単なる真贋論ではありません。
赤穂市の文化行政の根幹を突いています。
赤穂市当局が隠蔽体質のままで自浄作用が不可能なら
議会制民主主義の観点から市議会が問題提起しなければいけないと思う。
このまま放置することは赤穂市当局と赤穂市議会の赤穂市民への背信です。

そう思う 0

投稿:忠魂義胆 2017年06月22日
多くは赤穂市職員のOBです。

そう思う 0

投稿:回答 2017年06月22日
赤穂市には、(桃井ミュージアムは私立ですが、)美術工芸館のほか民俗資料館、海洋科学館など、市の規模ののわりには、多数の市立施設がありますが、各々の施設の責任者の顔が見えてきません。どういう身分の方が就いていらっしゃるのでしょうか?

そう思う 0

投稿:疑問 2017年06月22日
刑事では、過ちを目撃しながら、黙ってるのは共犯。
但し、表ににでなければ無罪ですが・・・・
今回、この程度の騒ぎで済めば、また同じことが必ず起きる。
と、いうことです。

そう思う 0

投稿:黙認は共犯か同罪 2017年06月22日
なんでわしらの責任やねん?

そう思う 0

投稿:痰壷 2017年06月21日
人口が少なくなるほど、市の職員や議員など、役所に出入り・関係する人達は、会社でいう同僚がゆえ、近くなり過ぎ、それぞれの立場や部署で、当然ながら、皆で守りに入りがちです。
これは、組織のいいところでもあり、弊害でもあります。
お互いの足の引っ張りあいとなるような、煙から火になりそうな話には、聞いても聞かないフリ臭い物にフタが、あうんの如く始まるものです。いわゆる、自浄機能がマヒします。
民間だと、何れ、その報いは業績で訪れますが、公務員はダラダラ、生ぬるい温室・温床のまま、持ちつ持たれつの継続になります。
なので、利害関係のない第三者的機関・団体が必要になるわけです。
ざんねんな事に、赤穂にはそんな勇気のある政党色ヌキな組織もないようで・・・・
ワタシも含めて、ダメですね。
民報さんの爪の垢が頂きたい。これからも、頑張って問題提起下さい!

そう思う 0

投稿:放置は市民の責任 2017年06月21日
なぜ、赤穂の市議会議員さんは、ダレも、問題にしなくても、質問も、しないのですか?
市の信用に係る事だと思うのですが・・・・
こんな根幹に関る疑い、民間の感覚だと、きちっと、払拭しなければ、だれも一緒に仕事出来ません。話題になった、グルメンピック主催者と同じ。

そう思う 0

投稿:ズレ 2017年06月21日
赤穂の学芸員の多くは、さまざまな発掘関係のスタッフとして採用されており、それ以外の文化的な知識や経験を持っていないということをよく耳にします。市の事務職員程度の意識では疑問や指摘にも弁解一方で、明快な対応ができなくても当然かもしれません。

そう思う 0

投稿:赤穂の学芸員は単なる行政職員かも 2017年06月21日
責任者に自省がないのなら、美術館の名称から市立と田渕を外さなければ、市民と田渕家に失礼では?

そう思う 0

投稿:信用失墜 2017年06月20日
特別展に何回か行ったことがあるが、図録はなかったけどなぁ〜。
途中から出てくるのか?
次の特別展の初日にいってみようかな。

そう思う 0

投稿:市民 2017年06月20日
小さな自治体の文化施設は予算の関係のあるし、学芸員も殆どが埋蔵文化財の法律の関係で発掘考古学の専門が殆どですが、本当の意味での最大限の努力はしてる。
今回の田淵記念館の件は内容が酷過ぎるし自己弁護に終始して非を認めようとはしない。
重大な公費の無駄遣いと保身に終始する関係職員の甚だしい職務怠慢。
市議会議員が一人も問題提起しないのも赤穂市民への背信行為。

そう思う 0

投稿:某古美術商 2017年06月20日
想像だけで、「地方の小さな市立美術館ではよくある話」と言うのは、入館者の減少などに四苦八苦しながら頑張って、内容のある企画をされている、地方の博物館(美術館を含みます)の学芸員などの方に失礼でしょ。「地方の小さな市立美術館」程度ではこんなもんだという偏見をもってすべてを論じられるのはいかがなもんでしょう。

そう思う 0

投稿:地方の小さな市立美術館でも聞かない話 2017年06月20日
これが国立,県立美術館であれば
SMSで火がつくと思います。

そう思う 0

投稿:SNS 2017年06月19日
地方の小さな市立美術館ではよくある話ではないでしょうか?。
赤穂は赤穂民報があるので表に出てきただけだと思います。

そう思う 0

投稿:想像 2017年06月19日
特定個人が真贋が不明で二束三文で買った掛軸を忖度で展示して図録に掲載して貰い、
その後「図録掲載品」として高額で売却してぼろ儲け。
偽物を図録に掲載されてるからと本物と信じて高額で買わされる人が哀れです。
でも赤穂市は責任を取りません。
赤穂市に忠臣蔵の「忠魂義胆」精神は微塵も無い。

そう思う 0

投稿:某古美術商 2017年06月19日
「精査しない」⇔「面子にゃ拘る」ってどういう価値観やねん?だから赤穂のこういう企画って面白ないもんばっかになるんや(笑)。

そう思う 0

投稿:覆面居士 2017年06月17日
モナリザやビーナスやひまわりの展示じゃないから解らないと思ってるんちゃう?
作家の有名度で対応を変えるとしたら、コレほどの侮辱はないわな・・・・
いずれにせよ、程度が低い。

そう思う 0

投稿:この件の印象ですが・・・ 2017年06月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺