忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

河川敷に不法ケシ 県が抜去

 2017年05月08日 
千種川河川敷に自生していたアツミゲシ=武村正恒さん撮影
 麻薬の原料にもなることから法律で栽培が禁止されているケシ科植物のアツミゲシが赤穂市内の千種川河川敷でこのほど見つかり、兵庫県赤穂健康福祉事務所が8日抜去した。同事務所は「同じような花を見かけたら、通報してほしい」と呼び掛けている。
 第一発見者の市民からの情報提供を受けて赤穂民報が現地へ行ってみると、花びらの色はピンクと紫の中間色で、草丈は60〜70センチほど。数株を確認できた。植えてもよいヒナゲシに似ているが、同事務所によると、葉の縁に不規則なギザギザがある特徴などからアツミゲシだという。
 本紙の通報で同事務所が河川管理者と協議した上で除去した。花弁をつけていないものを含めて約300株あったといい、いずれも種子が水や風などで運ばれて自生したとみられる。
 「気付かず放置していたら、さらに増えて抜去に苦労するところだったので助かった」と同事務所。「このような花を見かけたら持ち帰ったりせず連絡して」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年5月13日(2230号) 4面 (11,841,385byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←頭人(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺