忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

坂越小渡り廊下棟「大規模地震で倒壊の危険性」

 2017年03月30日 
 旧耐震基準で建てられた大規模施設に耐震診断を義務付けた改正耐震改修促進法に基づき、兵庫県などは29日、対象建築物の耐震診断結果を公表。赤穂市内では対象10施設のうち、坂越小学校の渡り廊下棟が震度6強以上の地震で「倒壊または崩壊する危険性が高い」とされた。市教委は今年6月に同棟の耐震改修に着工し、10月までに完了する計画を立てている。
 市教委総務課によると、坂越小の渡り廊下棟は昭和37年築で鉄筋コンクリート造、延床面積約164平方メートル。耐震診断の結果、建物の強度などが安全性基準を下回り、「大規模(震度6強から7に達する程度)の地震の振動及び衝撃で倒壊し、または崩壊する危険性」について「高い」「ある」「低い」の3段階のうち「高い」と診断された。県は「震度5強程度の中規模地震では損傷が生ずるおそれは少なく、倒壊するおそれはない」としており、市教委は耐震改修に着工するまでの間、引き続き同棟の使用を認める。
 改正耐震改修促進法は、旧耐震基準だった昭和56年5月末以前に着工した病院や学校、ホテルなど不特定多数の人が利用する建築物で一定規模以上のものを「要緊急安全確認大規模建築物」とし、平成27年末までに耐震診断を実施して所管行政庁へ結果を報告するよう所有者に義務付けた。
 赤穂市内の「要緊急安全確認大規模建築物」は坂越小の他に、▽赤穂市民総合体育館▽赤穂市民会館▽赤穂市庁舎▽赤穂小学校▽御崎小学校▽赤穂東中学校▽赤穂中学校▽赤穂西中学校▽赤穂特別支援学校。坂越小以外の9施設は「低い」と診断された。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年4月1日(2226号) 1面 (12,464,295byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中